【1万円から始める】利率8%ビットレンディングへ登録〜貸出までを徹底解説

・ガチホにも慣れてきたし他に何かできないかな?
・海外の取引所での貸出はちょっと怖いから国内でしてみたい
・初心者でもかんたんにできて利率の高いところ教えて!

こんな悩みにお答えしていきます!

結論から言っちゃうとビットレンディグなら「利率8%」で資産運用できます!

今の銀行預金が0.001%なので800倍ですね!

株式での資産運用は5%がかなり良い方と言われてるなか8%はかなり好条件です。

もちろんこれができるのも仮想通貨だからこそ

海外ではもっと高い利率で運用してるところもあるくらいです。

とはいえ、仮想通貨始めたばかりでいきなり海外は不安もあると思うので

まずは国内企業を使い資産を分散して、レンディングで資産運用してみましょう。

本記事でわかること
  • ビットレンディングの登録方法
  • 送金手数料0円のオススメの送金用取引所
かきぴー

ぼく自身ガチホ以外に少しでも
資産を増やす方法として
ビットレンディングで貸出をはじめています!

海外の取引所だと国内で承認されていないので不安という方にとって

ビットレンディグは国内企業なので「安心」「お手軽」にできる資産運用先になります。

レンディングって難しそうに聞こえちゃいますが、そんなことはまったくなく

仮想通貨投資歴半年ほどのぼくでもできました。

なので本記事を読みえる頃には、あなたも仮想通貨のレンディングができるようになっているでしょう!

送金手数料が0円のオススメ取引所も紹介しているので、ぜいひ最後まで読んで実践してみてください!

業界最高の賃借料率【8%】

ビットレンディングで仮想通貨を貸して稼ぐ

目次

ビットレンディグへ仮想通貨を貸し出しするときは

まずGoogleフォームを使って登録をしていきます。

用意するのは「運転免許証」だけで大丈夫です!

かきぴー

登録は10分もあれば
サクッとできるのでやっていきましょう!

ビットレンディングへアクセス

まずはビットレンディグへアクセスして、メールアドレスを登録します。

案内のメールが届くので「申込・本人確認」をタップします。

メールアドレス、携帯番号入力し、個人を選択して「次へ」をタップ。

かきぴー

紹介者コードや弊社用識別子は
触らなくて大丈夫です!

名前や生年月日などの個人情報を入力して「次へ」をタップ。

レンディングしたい仮想通貨を選んで、枚数を入力します。

※BTCは最低0.01BTCからになるので注意しましょう。

本人確認するための身分証明証を選びます。

今回は運転免許証で確認。

運転免許証の表と裏の写真を撮ったらアップロード。

入力が全部できたら「送信」をタップして申込完了です!

かきぴー

入力お疲れ様でした!
はやければ10分ほどで本人確認のメールが届きます!

>>>【年率8%】ビットレンディングでビットコインを貸し出す

ビットレンディグヘ送るならGMOコインがオススメ

ビットレンディグからメールが届いたら、さっそくビットコインを送って貸出をはじめましょう!

今回はGMOコインからビットレンディングヘ送金します。

なぜなら送金手数用が0円だから!

かきぴー

取引所によっては2〜3000円ほどかかるので
少しでも手数料を抑えたい場合はGMOコインオススメですよ!

人気の取引所「ビットバンク」「コインチェック」「ビットフライヤー」と「GMOコイン」を比較した表がこちら

スクロールできます
ビットコイン送金手数料
ビットバンク0.0006BTC(3000円)
コインチェック 0.0005BTC(2500円)
ビットフライヤー0.0004BTC(2000円)
GMOコイン0円

人気の3社は少額でも手数料がかかってしまいます。

例えば1万円分のビットコインを送金したとき

GMOコインなら1万円全部送れますが

ビットバンクだと3000円ほど手数料で抜かれて7000円しか送れません。

そこまで大きい額じゃないし
気にしなくてもいいんじゃない?

と思うかもしれませんが、これは貸出して運用していくと差が出てきます。

年率8%1年目2年目3年目4年目5年目
7,000円貸出7,560円8,165円8,818円9,523円10,285円
10,000円貸出10,800円11,664円12,597円13,605円14,693円
差額3,240円3,499円3,779円4,082円4,408円
小数点以下は四捨五入

7,000円と10,000円では5年後には4,408円の差がつくことになります。

もしこれが10万円や100万円の金額だったら、手数料分マイナスも無視できない数字になりますよね。

かきぴー

投資は払わなくていい手数料を
どんどん削っていくことが大事です!

>>>【送金手数料0円】GMOコインで口座をつくる

ビットレンディグへビットコインを送る手順

GMOコインからビットレンディグへ送金する手順は、以下のとおりです。

  1. GMOコインでビットコインを購入
  2. GMOコインで送金宛先を登録
  3. 送りたい枚数を指定して送金
かきぴー

宛先は設定したら2度目からは
登録した宛先を選んで送れるようになります!

ステップ1:GMOコインでビットコインを購入

まずは送金する分のビットコインをGMOコインで購入しましょう!

ビットレンディグは最低「0.001BTC」必要になります。

販売所、取引所どちらで買っても大丈夫ですが

手数料を少しでもおさえたい場合は取引所を選ぶようにしましょう。

GMOコインで仮想通貨の買い方はこちらで紹介しています。

>>>【GMOコイン】入金〜買い方までスクショ20枚で解説ー超初心者向けー

ステップ2:GMOコインで送金宛先を登録する

まずはGMOコインのトレーダーモードを開きます。

「預入/送付」をタップ

送りたい仮想通貨(ここではビットコイン)を選びます。

上のタブの「預入」から「新しい宛先を追加する」をタップします。

宛先情報はビットレンディングから送られてくる

「トラベルルール向けの情報」を参考に進めていきます。

送付先は「GMOコイン以外」をタップ

送付先のウォレットは「プレイベートウォレット」をタップ

受取人は「ご本人さま以外」をタップ

受取人種別は「法人」をタップ

  • 宛先名称:わかりやすいもの
  • ビットコインアドレス:指定されたアドレス
  • 送付先の名称:その他、ビットレンディング
  • 受取人名称:株式会社J-CAM
  • 受取人名称(フリガナ):カブシキガイシャジェイカム
  • 受取人名称(英語表記):J-CAM Inc.
  • 受取人住居地:日本

設立年月日は必須じゃなかったので未記入でOK

受取人との関係は「投資先」にしておきます。

トラベルルールに書かれてる個人名を記入します。

入力できたら「確認画面へ」をタップして内容をチェックします。

内容をチェックして問題なければ「登録」をタップします。

メールが届くのでURLをタップします。

「認証を完了する」をタップして登録完了!

かきぴー

宛先は審査が完了したら使えるようになります!
ぼくの時は1時間もかからず審査が完了しました!

ステップ3:ビットコインを送金する

宛先の登録ができたら、ビットレンディングへ送金していきます!

GMOコインの送付画面に登録した宛先が出てきてるのでタップします。

チェック欄にチェックを入れて「次へ」をタップ

送りたいビットコインの枚数(最低0.001BTC)

2段階認証コードを入力して「確認画面へ」をタップ

内容をチェックして大丈夫なら「実行」をタップして送金します。

かきぴー

ここまで本当にお疲れさまでした!
あとはGMOコインの送金履歴が「完了」になればOK!

送金履歴はPCの方からGMOコインへログインするとチェックできます!

貸出開始のメールが来たらレンディグ開始

送金が完了してビットレンディング側で受け取りが確認できたら

「受領完了・貸出開始のお知らせ」メールが届きます。

送金完了してから約12時間後くらいで貸出開始のメールが届きました!

かきぴー

仮想通貨はこの受取完了の連絡が来るまで
「送れたかな?」と不安になるので慣れないですね(笑)

ガチホしてるだけでは増えないので

「少しでも増やしたいな」「ガチホ以外の運用をしてみたいな」と思ったら

次のステップとしてビットレンディングで貸出に挑戦してみましょう!

>>>ビットレンディングをはじめてみる

※レンディングとはいえ投資なのでリスクがあることしっかり理解した上で

自己責任のもと行うようにしましょう。

かきぴー

投資の基本は「リスク分散」です。
ぼくはこれまでのガチホ分はそのままで
新しく買い増す分をレンディングしています!

使用テーマとオススメクレジットカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

27歳NFT仮想通貨ブロガー|日本一周の経験からバイクブログを1年続けるも月5000円程度で消耗|「投資ってなに?」状態から友達のすすめで仮想通貨をはじめたことをきっかけに仮想通貨ブログへ転身|同じように知識ゼロだけど仮想通貨をはじめたい人に向けてブログを書いてます|2022年2月からNFT沼にハマる

目次
閉じる