【GMOコイン】PBR Lendingを手数料0円ではじめる裏ワザを紹介

広告 このコンテンツには広告を含む場合があります。

〈こんな人にオススメ〉
  • 送金手数料を抑えてPBRレンディングを使いたい
  • 楽して仮想通貨を増やしたい
  • 無駄な出費を削って効率よく仮想通貨を稼ぎたい

PBRレンディングへ仮想通貨を送金するとき手数料がかかります。

仮想通貨を送金するときの手数料って、安く見えるけど”円換算”算したとき1,000円以上とかかかるので抑えたい(できれば0円にしたいのが本音)。

そこでオススメの解決策が「送金手数料が0円のGMOコイン」を使って送金する方法です。

かきぴー

PBRレンディングへGMOコインから0円送金して貸出してるぼくが解説していきます。

口座開設はスマホから最短10分もあればできるので、送金手数料0円でレンディングをはじめましょう!

さらにPBRレンディングは現在キャンペーンを開催しており、このブログから登録&貸出すると3,000円分の暗号資産がもらえます!

〈PBRレンディング友達紹介〉

  • 被紹介者(あなた)→3,000円相当の暗号資産ゲット
  • 紹介者→3,000円相当の暗号資産ゲット

〈PBRレンディングの特徴4選〉

  1. 国内最高利率10%(最大12%)
  2. 最短1ヶ月からお試しできる
  3. 長期間預けるほど増える複利運用 ※単利に変更なりました。
  4. 完全放置で毎月利息で稼げる

\無料・10分でサクッと登録/

「208179543」入力で3,000円分暗号資産ゲット!

目次

PBR Lendingとは仮想通貨専門のレンディングサービス

image

PBRレンディング =仮想通貨専門のレンディング業者

概要
会社名株式会社Notting Hill TOKYO
創業2018年8月
代表取締役小林宏至(コバヤシ ヒロシ)
会社住所東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号恵比寿
ガーデンプレイスタワー18階
資本金100万円

PBRレンディングは仮想通貨専門のレンディグサービスを提供していて、創立は2018年8月と比較的新しい会社になります。

ユーザーは取引所やウォレットからPBR Lendigに対象の仮想通貨を送金するだけで、あとはガチホと同じ”放置”するだけで毎月10〜12%に利子を受け取れます。

レンデンィング対象の仮想通貨は2023年3月現在は、以下の6銘柄(7種類)です。

BTCETHXRPUSDC
(ERC-20)
(TRC-20)
USDT
(ERC-20)
(TRC-20)
ADA

USDTとUSDCはそれぞれ「ERC-20」と「TRC-20」という二つの種類があります。

かきぴー

返還時の手数料が変わるので、レンディングするときは注意してね!

なぜ10〜12%の高利率で運用できるのか

国内の取引所がやっているレンディングサービスは利率1〜5%ほどに対して、なぜPBR Lendingは10〜12%と高利率を再現できるのは疑問に感じますよね。

答えは「レンデンィングを専門に行っているから」です。

レンディングを専門に行うので利益を求めた運用が可能になり、国内で高利率を再現できます。

かきぴー

ユーザーから預かった仮想通貨を全部レンディグに回して運用するか、自社内のサービスに一部回さないといけないかの違いですね。

レギュラープランとプレミアムプランの違い

仮想通貨最低貸出枚数
レギュラープラン
最低貸出枚数
プレミアムプラン
BTC0.01BTC0.16BTC
ETH0.1ETH2.25ETH
USDC
(ERC-20)
300USDC3,500USDC
USDC 
(TRC-20)
300USDC3,500USDC
USDT
(ERC-20)
300USDT3,500USDT
USDT
(TRC-20)
300USDT3,500USDT
ADA500ADA8,500ADA
最低貸出期間1ヶ月〜1年間
途中解約手数料なしレンディング量の20%

PBRレンディングでは「1ヶ月から試せるレギュラープラン」と「1年間のロック期間があるプレミアム期間」の2種類のプランが用意されています。

両方のプランは”最低貸出枚数”と”最低貸出期間”に違いあり、選ぶときは以下を目安にしてみてください。

  • とりあえず試してみたい:1ヶ月から貸し出せるレギュラープランがオススメ
  • 枚数を多く持っていて最低でも1年以上は放置する:利率12%とプラミアムプランがオススメ
かきぴー

「レギュラーは一般向け」「プレミアムは大口向け」ですね。

メリットやデメリットなどもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で解説しているのでチェックしてみてください。

>>>【怪しい?】利率12%PBRLending (レンディング)はじめ方と注意点を紹介!

ステップ1:PBR Lendingにアカウント登録(無料)をする

まずはPBRレンディングへアカウント登録をしていきます。

  1. 電話番号の入力
  2. 本人確認(KYC)

電話番号の登録

PBRレンディング公式サイトへアクセスしたら「今すぐはじめる」をタップし、電話番号を登録し「お申し込み」をタップします。

image

登録した電話番号に認証コードが届くので、入力し「次へ」をタップ。

image

必要な個人情報を入力していきます。

  • 名前/ふりがな
  • ニックネーム
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • パスワード
image

本人確認(KYC)

個人情報が入力できたら「次へ」をタップして、住所を入力しましょう。

本人確認(KYC)で使える書類は以下の5つです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート+(保険証or年金手帳)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
image

画像をアップロードして「次へ」をタップし、内容に間違いがなければ「送信」をタップして登録完了です。

image
かきぴー

2〜3日後までには登録完了のメールが届きますよ!

\無料・最短10分で完了!/

現物取引ランキングで3年連続1位獲得!

詳しい開設手順はこちらの記事で紹介しています!

ステップ2:【送金手数料0円】GMOコインで口座開設(無料)する

PBRレンディングの返事を待ってる間にGMOコインの口座も開設しておきましょう!

  1. アカウント登録
  2. SMS(電話番号)認証
  3. 基本情報の入力
  4. かんたん本人確認

アカウント登録には「スマホ」と「免許証orマイナンバーカード」があれば大丈夫です。

10〜15分もあればサクッと開設できるので、手数料0円でPBRレンディングを利用するためにも準備しておきましょう。

詳しい開設手順は以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

>>>【スクショ39枚】完全無料GMOコインで口座開設の手順を解説

【PBR Lendingで稼ぐなら】

送金するときの手数料を抑えるためにはGMOコインがオススメ!

GMOコインからなら手数料0円で送金できるので、先に口座を作ってからレンディングしてみてください!

口座開設はスマホから最短10分でできるので、口座開設後にぜひ記事を読みすすめるとすぐにレンディングできます!

\最短10分・スマホからOK/

2年連続 オリコン顧客満足度1位

GMOコインで仮想通貨の購入について

GMOコインのアプリには操作がかんたんな「ノーマルモード」と、操作はちょっと慣れがいるけど取引手数料を抑えた「トレーダーモード」があります。

  • スタンダード:販売所のみしか取引できない
  • トレーダーモード:取引所での購入もできる

はじめてならノーマルモードを使い販売所での購入でもいいですが、販売所は割高になるので取引所での買い方を勉強して慣おくことをオススメします。

かきぴー

取引所も2、3回取引したら慣れるので大丈夫ですよ!

詳しい買い方についてはこちらの記事で紹介しています。

>>>【GMOコイン】入金〜買い方までスクショ20枚で解説

ステップ3:PBR Lendingで仮想通貨を貸し出す

PBRレンディングでアカウント登録、GMOコインで口座開設ができてレンディングの準備が整ったら実際に送金していきます。

初心者の場合は「ビットコイン」か「イーサリアム」を選んでおくと間違いがないです。

PBR Lendingへ送金手順
  1. PBRレンディングで仮想通貨を選んで送金申請
  2. GMOコインで送金先の登録
  3. GMOコインからPBR Lendingへ送金
かきぴー

3ステップでできるので、一つずつ解説していきますね。

ステップ1:PBRレンディングで送金申請

まずはPBRレンディングへログインして送金申請をやっていきます。

PBRレンディングの下にあるメニューから「レンディング」をタップし、次に画面右上にある「Lending(貸出)」をタップします。

image

レンディングしたい仮想通貨を選び「送信画面」をタップしたら、ウォレットアドレス(QRコードと英語の文字列)が表示されるのでコピーしてGMOコインへ宛先を登録します。

image

ステップ2:GMOコインで送金先の登録

送金先のウォレットアドレスが分かったら、次にGMOコインから送金するための準備をやっていきます。

といってもやることはとってもシンプルで「ウォレットアドレスを宛先として登録するだけ

GMOコインにログインしたら、スマホの場合トレーダーモードへ切り替えます。

image

トップ画面にある「預入/送付」をタップし、送金したい仮想通貨を選びます(今回はビットコインを選択)。

image

「送付」を選択して「+新しい宛先リストを追加する」をタップします。

かきぴー

ここからちょっと入力増えるので、頑張ってついてきてくださいね!

GMOコインの場合、送金先の登録に”トラベルルール情報”が必要になるのでPBRレンディングに問い合わせました。

その返答を元に解説していきます。

  1. 送付先:GMOコイン以外
  2. 送付先ウォレット:プレイベートウォレット
  3. 受取人:ご本人様以外
  4. 受取人種別:法人
image
image

5.宛先名称(ニックネーム):わかりやすもの

6.ビットコインアドレス:指定されたもの

7.送付先の名称:株式会社

8.法人格の前後:前

9.受取人名称:Portbelloroad株式会社

10.受取人名称(フリガナ):ポートベッロロードカブシキカイシャ

11.受取人名称(英語表記):Portbelloroad

12.受取人住居地:日本

image

実質的支配者情報の登録をしていきます。

13.受取人住所:会社の住所

14.実質的支配者情報:個人

15.受取人の実質的支配者名:小林 宏至

16.受取人の実質的支配者名(フリガナ):コバヤシ ヒロシ

17.受取人の実質的支配者名(アルファベット):Kobayashi Hiroshi

18.生年月日:必須じゃないので記載なしでOK

image

確認画面で入力間違いがなければ「登録」をタップして、宛先を登録します。

登録したメールアドレスに認証メールが届くので、認証してください。

image

あとは宛先の審査が完了したら送金できるようになります。

かきぴー

早ければ1時間ほどで完了するので、それまでコーヒーでも飲んで休憩しておきましょう。

ステップ3:GMOコインからPBRレンディングへ送金

宛先の審査が完了し送金できるようになったら、宛先リストに表示されます。

image

事前に申請した枚数を入力し、2段階認証のコードを入力したら「確認画面へ」→「実行」で送金完了です。

GMOコインへログインすると「取引履歴」が見れるので、トランザクションIDをコピーしましょう。

image

PBRレンディングへ戻って「TxID」と書かれてるところへコピペして「送信」をクリックしたら、レンディング完了です。

image
かきぴー

あとはPBR Lendingの方で仮想通貨を確認・承認されるのを待つだけです。

\無料・最短10分で完了!/

現物取引ランキングで3年連続1位獲得!

詳しい開設手順はこちらの記事で紹介しています!

GMOコインで送金先の登録が拒否された場合の対処法

入力項目に不備があったり、同じ入力をしたのになぜか審査にはじかれて送金宛先が登録できない場合があります。

image

その場合は、もう一度登録申請したら大丈夫ですよ!

かきぴー

ビットコインの送金先は1回目3日待って拒否されたけど、2回目は2時間ほどで承認されました。

GMOコインは定期的に登録した宛先の審査を行なっていて、稀に登録先が消されることがあります。

そういうとき問い合わせても定型分しか返ってこないので、数日待って登録すると大丈夫です。

とはいえ、何も違反していないのにGMOコインの都合でいつ消されるかわからないって怖いですよね。

そういうとき対応するためにビットポイントなど送金手数料が0円の取引所をサブとして開設しておきましょう。

\無料スマホで簡単・最短10分/

口座開設で1,500円相当のOSHIゲット!

※6/28(金)16:00までに口座開設を”完了”する

※配布は2024年7月中を予定

【FAQ】PBR Lending(レンディング)のよくある質問

レンディングのリスクは何がある?

レンディングは「預金保険の対象外」なので、会社の倒産やハッキングなどで仮想通貨が紛失した場合に保証されない可能性があります。

また急な価格変動などで手放したくなってもすぐに売れないので、損失が広がる可能性があります。

詳しくは【怪しい?】利率12%PBRLending (レンディング)はじめ方と注意点を紹介!で解説しています。

返還申請したらどのくらいで返ってくる?

返還申請の受理→翌月末から数えて10日以内にウォレットへ返金されるでの「返還までに1ヶ月弱かかる」と覚えておきましょう。

複数のウォレットや取引所から送っても大丈夫?

複数のウォレットや取引所から送金しても大丈夫です!事前に申請した枚数になったらレンディングがスタートします。

USDCとUSDTはネットワークが2種類あるけど何が違うの?

違いは二つ「返還時のネットワーク手数料」と「トークン規格」ありますが、とりあえず「ERC-20の方が手数料が高い」ということだけ覚えておきましょう。

送金先を間違うとどうなりますか?

送金先を間違えたり、対応していない仮想通貨を送金すると2度と戻ってこなくなります。

日本円を送って仮想通貨にしてもらうことはできる?

仮想通貨専門なので「日本円を送金して仮想通貨に」はできません。

PBRレンディングはアフィリエイトできる?

できます!詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください。

>>>PBRLrndingアフィリエイトで稼ぎ方とASPを紹介

GMOコインを使って手数料0円でPBR Lendingを活用しよう

以上が「GMOコインで手数料0円にしながらPBRレンディングを利用する方法」の紹介でした。

PBR Lendingのまとめ
  • 利率が国内最高の10〜12%
  • 最短1ヶ月〜試せる
  • 複利運用なので雪だるま式に資産が増える
  • レンディングは預金保険対象外なので必ず分散すること

削れる出費はできるだけ削っていきましょう!

GMOコインからPBRレンディングへ送金する手順を最初から読みたい方はこちらから↓

>>>GMOコインから送金する手順を最初から読む

〈PBRレンディング友達紹介〉

  • 被紹介者(あなた)→3,000円相当の暗号資産ゲット
  • 紹介者→3,000円相当の暗号資産ゲット

〈PBRレンディングの特徴4選〉

  1. 国内最高利率10%(最大12%)
  2. 最短1ヶ月からお試しできる
  3. 長期間預けるほど増える複利運用 ※単利に変更なりました。
  4. 完全放置で毎月利息で稼げる

\無料・10分でサクッと登録/

「208179543」入力で3,000円分暗号資産ゲット!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

28歳NFT仮想通貨ブロガー|日本一周の経験からバイクブログを1年続けるも月5000円程度で消耗|「投資ってなに?」状態から友達のすすめで仮想通貨をはじめたことをきっかけに仮想通貨ブログへ転身|同じように知識ゼロだけど仮想通貨をはじめたい人に向けてブログを書いてます|2022年2月からNFT沼にハマる

目次