【〜12月2日】Amazonブラックフライデーセール開催中!対象商品を確認する→

【実際に行ってみた】沖縄のアウトドアグッズ取扱店16選とオススメオススメ3選の紹介!

はいさい!ぐすーよーちゅーがなびら!

沖縄でキャンプしてみたい・始めたけどどネットで買う前に直接手に取って物をみてみたい。
オススメのアウトドア用品店を知りたいと思う方のために、沖縄のアウトドアグッズと取り扱ってるお店を実際に行って見て調べてきました。

ファミリーやソロ向け、薪の取り扱ってるお店などオススメを紹介します。

 

かきぴー
中南部にあるお店
16店舗ほど巡ってきました!

 

こんな方におすすめ

  • 沖縄でこれからキャンプを始めたい方
  • オススメのアウトドアショップを知りたい方
  • キャンプを始めたばかりショップをよく知らない方

今回は沖縄の中部・南部を中心に実際に行って見てきたものを取り上げています。

 

目次

沖縄のアウトドア用品店

まず、沖縄のアウトドア用品店についてですが、多いように見えて

もの凄く少ないです!

調べてみるとよくわかるんですが、「専門店」としてお店を構えているのは今のところ1店舗しかありません。

 

かきぴー
キャンプしてる人も割といるから
もっと増えて欲しいです

 

  • ネーブル嘉手納
  • メイクマン(具志川・美浜・浦添本店)
  • スーパースポーツゼビオ(うるま・宜野湾)
  • LOGOS
  • スポーツデポ(具志川・天久)
  • カインズ(ABLOうるま)
  • スポーツオーソリティ
  • mont-bell
  • The North Face
  • NEOS
  • ホームセンターさくもと(浦添)
  • YSP曙(燈人)

 

アウトドアグッズを取り扱っているお店一覧

ネーブル嘉手納

嘉手納にある複合商業施設

以前は併設されているホームセンタータバタにアウトドアグッズは販売されていたようですが、今はネーブル嘉手納内にコーナーを移しているようでした。

 

店内には日本であまり見かけなさそうなほど大きいBBQ台が多く並べられていて、日本向けというより海外の人向けのような品揃えでした。おそらく基地が近いということも関係していそうです。

ポイント

  • Coleman
  • SOTO
  • captain stag
  • LOGOS
  • 少ないながらもツーリングテント有り
  • 薪無し/木炭有り

ホームセンタータバタ石川店には他のホームセンターで見かけないような商品も置いてあるとのことなので、今後更新したいと思います。


営業時間 10:00~20:00
住所:904-0205 沖縄県中頭郡嘉手納町兼久372-2


 

 

 

メイクマン

沖縄で一番有名なホームセンターの「メイクマン」

メイクマンは店舗が多いのでここでは「具志川店」「美浜店」「浦添本店」をもとに紹介します。

ポイント

  • 薪の販売をしている
  • キャンプというよりBBQ向け
  • テントの扱いはほぼなし

メイクマンは他のホームセンターではない「薪」の取り扱いがあります

薪の種類は「ナラ(5kg1,780円)」と「杉(5kg1,380円)」
浦添本店では「ミックス(サクラ・クリ・ナシ)5kg1,980円」があります。

ポイント

:燃えが早い反面、燃焼時間は短い
ナラ:着火時しづらい反面、火持ちがよく熱量が高い

サクラ、クリ、ナシの広葉樹もナラと同じ性質

 

3店舗回った感想として、浦添本店が一番レイアウトに力入れてました。

どの店舗もテントの取り扱いは少なく、基本はBBQで使えそうなタープの取り扱いが多かったです。

薪は本土に比べて若干高めな印象がありますが、薪の取り扱いが少ない沖縄では貴重でありがたい店舗になります。
薪がちょっと高くて買うのは渋るな〜と思ったら、資材コーナーに行けば“皮付きの杉“がバラ売りしているので、そちらを買うのもアリ

ポイント

  • SOTO
  • NorthEagle
  • CapainStag
  • Coleman
  • LOGOS
  • 薪が有り/木炭有り

 

スーパースポーツゼビオ

うるま店と宜野湾店の2店舗があります。

うるま店

スポーツ用品店の一角に置かれているだけなので、品揃えはかなり少ないです。

木炭の取り扱いはあります。

ポイント

  • snow peak

  • whole earth

  • Coleman

  • テントはsnow peakやwhole earthのファミリー向けが主

テントよりも小物の取り扱いが主。


営業時間 11:00~21:00
住所:沖縄県うるま市前原183-9


 

 

宜野湾店

うるま店よりも商品の品揃えは豊富で、特にクッカーやガス缶が多いです。

ポイント

  • Coleman
  • trangia
  • SOTO
  • whole earth
  • Captain Stag
  • LOGOS
  • snow peak
  • 薪無し/木炭有り

珍しいのがtrangiaのメスティンが置いているという点

あの人気でなかなか手に入らないtrangiaのメスティンがスモール・ラージともに置かれていました。

他にもスキレットやガス缶(OD・CB)は数種類の取り扱いがあるほかに、Colemanのホワイトガソリンを置いてるなど、ホームセンターと同じかそれ以上の品揃えです。


営業時間 11:00~20:00
住所:沖縄県宜野湾市真志喜3-28-3


LOGOS

イオン具志川の店内にある「LOGOS」

取り扱いはもちろんLOGOSのみとなりますが、ホームセンター等では扱っていないようなものも置いてあるのでLOGOS好きにはたまらないお店です。

また、アウトドア用品の他にもアパレルの取り扱いもあります。


営業時間 10:00~20:00
住所:沖縄県うるま市前原幸崎原303イオン具志川2F


スポーツデポ

デポは「具志川・パルコシティ・天久」の3店舗を回りました。

パルコシティはアパレルのみでアウトドアの取り扱いはありません。

デポは2019年以前はアウトドアグッズも大きく取り扱っていたようですが、現在はかなり少なくなっています。

ポイント

Colemanがほとんどで、他のメーカーの取り扱いはほぼありません。
テントやタープもファミリー向けの大型ものが中心

アウトドアにはあまり力を入れていない様子でした。


〈具志川店〉
営業時間 10:00~21:00
住所:沖縄県うるま市前原徳森原360

〈パルコシティ店〉
営業時間  10:00~22:00
住所:沖縄県浦添市西洲3-1-1

〈天久〉
営業時間 10:00~21:00
住所:沖縄県那覇市天久1-2-1


 

カインズホーム

沖縄にもここ最近入ってきたカインズ

2021年現在「あがり浜店」「サンプラザ糸満店」「ABLOうるま店」も3店舗を展開しています。

ここでは「あがり浜店」「ABLOうるま店」について紹介

ポイント

  • カインズオリジナル

  • LOGOS

  • BUNDOK

  • MAX GEAR

  • 薪無し/木炭有り

アウトドア用品は取り扱っていますが、品数自体は少ないです。

※MAXGEARは沖縄初のアウトドアブランドになります。
詳しくはこちら


〈ABLOうるま店〉
営業時間 9:30~20:00
住所:沖縄県うるま市豊原9-1

〈あがり浜店〉
営業時間 9:30~20:00
住所:沖縄県島尻郡与那原東浜68-1-2


スポーツオーソリティ

イオンモールライカム内にある「スポーツオーソリティ」

ポイント

  • Coleman

  • shoe peak

  • SOTO

  • LOGOS

  • TRAS BOULBA

  • snow peakとTRAS BOULBAが中心的

  • 薪無し/木炭有り

全体的な品揃えは少なめで、商品はsnow peakが多い印象でした。

以前はもう少し数があったですが、ここ最近あまり力を入れなくなったのか、売り場の広さも心なしか縮小された印象があります。

スポーツオーソリティはTRAS BOULBA(タラスブルバ)というメーカーを押してるみたい

※TARAS BOULBAは日本初のアウトドアブランドで、テントやタープをはじめとした様々な商品を展開しています。
公式HPはこちら

 

mont-bell

言わずと知れたアウトドアの大手「mont-bell」

沖縄にはイオンモールライカ内にある1店舗のみとなります。

mont-bell商品やHelinoxのコットやチェアの取り扱いがあります。

mont-bellのテントやアウトドア用品を揃えたいならここを選べばまず間違いはないでしょう。

余談ですが、日本一周中ではmont-bellのシュラフ「アルパインダウンハガー800#2(写真左)」にはかなりお世話になりました。

雪積もる真冬の東北や雪山でなければ、この#2とシュラフカバーで十分対応できます。
2月〜11月ごろまで野宿+自転車で旅をしていたチャリダーからオススメしてもらって購入しましたが、迷ったら800の#2がオススメ!


営業時間 9:00~22:00
住所:沖縄県中頭郡北中城村字ライカム1 イオンモール沖縄ライカム2階


 

The North Face

サンエーパルコシティ内にある「The North Face」

ここはアパレルが中心でアウトドアグッズはかなり少ないです。

トレッキング用のザックが数点とテントが数点置かれているくらいなので、アウトドア用品よりアパレルがメインになっています。


営業時間 10:00~22:00
住所:沖縄県浦添市西洲3-1-1 サンエー浦添西海岸PARCO CITY2階


NEOS

沖縄で唯一の“アウトドア専門店“のNEOS

キャンプを始めたい時はここに行けばまず間違いないでしょう!

ポイント

  • SOTO

  • Coleman

  • CHUMS

  • mont-bell

  • The North Face

  • mountain HARD WREAR

  • 4w1h

  • 薪は無し/木炭は有り

専門店というだけあって品揃えもかなり豊富で、キャンプの他にブッシュクラフトにも対応しています。

ただ、テントはファミリー向けが多く、ソロキャンプツーリングで使えそうなテントはあまり置いていません。

個人的にはmountain HARD WEARを取り扱っているのはすごく嬉しいです。おそらく沖縄で取り扱ってるところは他にないんじゃないですかね。


営業時間 10:30~19:00
住所:沖縄県浦添市牧港2-50-11


ホームセンターさくもと

ホームセンターの中では品揃えが豊富な「さくもと」

ポイント

  • SOTO

  • Coleman

  • LOGOS

  • テントやタープはファミリー向けが多い

  • アウトドアチェアの品揃えがどこよりも豊富

テントやタープはファミリー向けが多いものの、バーナーや焚火台などはソロでも使えるようなものを揃えているので、NEOSの他にもここはオススメです。

個人的にCaptain StagのOD缶の取り扱いがあったのがすごくありがたかった。
SOTOのST310を持つ前はCaptainStagのバーナーを持っていたんですが、CaptainStagのOD缶って取り扱ってる店が意外にも少なかったんですよね。


〈浦添店〉
営業時間 10:00~2-:00
住所:沖縄県浦添市牧港1-61-18


YSP那覇曙(燈人)

YSP店内の一角にあるアウトドアグッズコーナー

ポイント

  • UCOやエバニュー・トークスなどの他のアウトドア用品店には置いていなようなグッズを数多く取り扱っています。

テントやタープなどではなく、ランタンやストーブ・ケトルなどの取り扱いが主なので、ちょっと周りと違ったコアな商品が欲しい方向けのお店です。

このUCOのキャドルランタンはとても可愛くてSNS映えしそうな一品

中のキャンドルはオイルタイプのキャンドル(別売り)に交換することができます。

 


営業時間 9:00~18:00(日曜定休日)
住所:沖縄県話曙1-8-10


オススメアウトドア用品店

中部から那覇まで16店舗ほど見て回った結果

おすすめアウトドア用品店TOP3

  • YSP那覇曙(燈人)
  • NEOS
  • ホームセンターさくもと

この3つのお店がオススメでした。

NEOSとホームセンターさくもとで定番のグッズを、燈人でちょっと変わったグッズを買いにのがいいと思います。
ソロテントに関してはネットで買うのが一番いいです。

アルペンアウトドアーズのような大型の店舗があれば嬉しいですが、沖縄にはないのでソロ用テントはネットが今の所はオススメ

なお、周りと被らないテントが欲しい場合は「Camping World」などの海外通販を利用して個人輸入するという手段もあります。

 

まとめ

今回は沖縄の中部と南部を中心に紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

ここであげたお店の他にもアウトドア用品を取り扱っているセレクトショップがまだまだあると思うので、そういったお店でオススメの場所が見つかれば随時更新していきたいと思います!

また、「ここオススメだよ」っていうお店等あれば教えていただけると幸いです。

今後は沖縄のキャンプ場や野宿できそうな場所についてもまとめて記事にいていこうと思います!

 

最後までご覧いただきいっぺーにふぇーでーびる!

 

このブログではキャンプの他にも運営者のかきぴーが日本一周をした経験をもとに様々な記事を書いていますので、よければ見ていっていただけると嬉しいです!

バイクでの日本一周について知りたいこと・気になることがあればぜひコメントください!
また、TwitterやInstagramもやっているので「名前が残るのはちょっと…」という方はTwitterの匿名で質問できるサイトをご利用をオススメします。

あわせて読みたい
【Mapを活用】日本一周中の野宿していた場所と探し方 日本一周中は最初できるだけ出費を削るために宿泊は主に野宿をしていました。(後半はブログ更新のために快活Clubを利用してました) 日本一周する前はそんな不安もあり...

使用テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる