※SWELLへテーマ移行につき調整中※

【完全解説】エストレヤのシート別の外し方

エストレヤのメンテナンスでよく外すことがある「シート」

「タンクを外すとき」「バッテリーを交換するとき」「バルブクリアランスを調整するとき」など

様々なメンテナンスをする場面でシートは外す必要があります。

この記事ではそんなメンテナンスの前提となる”シート別の外し方”についてまとめてみました。

この記事を書いた人
  • 2019.05~2020.12 日本一周約20,000km完走
  • バイクで行くソロキャンプ・ツーリングが好き
  • 整備は「とりあえず調べて挑戦してみる」スタイル

日本一周の経験をもとにバイクで行くソロキャンプやバイク旅、整備について発信しています。

目次

ロングシートの外し方

運転手とタンデムする人の部分が繋がってるロングタイプのシートの取り外しは至ってシンプル

タンク付け根の左側(燃料コックがある部分)をみると鍵を差し込む部分があります。

ここに鍵を差し込んで回すと、リアフェンダー部分が「ガコン!」と外れる感触があるので

あとはリア側から持ち上げてあげれば簡単にシートを外すことができます。

これでロングタイプのシートの取り外しは完了です。

この状態になればタンクを外したり、ヒューズボックスやバッテリーをいじることができます。

シングルシートの外し方

運転手側とタンデム側が離れているシングルシートの取り外しです。

シングルシートの場合はキーではなくボルトでシート本体とステーが固定されているので、

まずはシート本体を外した後、車体と繋がってるステーを外す必要があります。

シート本体は裏側にナットが2つあるので、先にナットを外します。

シートはステーの隙間に引っ掛けるように取り付けてあるので

シートを持ち上げてステーからナットを取り付けてたボルト部分が外せたら

あとは後に引っ張ると簡単に外れます。

この後タンクをは外すならここまででOKですが、

バッテリーやヒューズボックスをいじるとなると、ステーも外す必要があります。

ステー自体はボルト一本で固定されてるだけなので、そのボルトを外せばOKです。

おわりに

今回はとても短いですが、いろんなメンテナンスの前提となる「シートの取り外し方」について

まとめてみましたがいかがだったでしょうか?

慣れてみれば簡単ですが、この作業をすることでタンクを外したり

ヒューズボックスをいじれるようになります。

それでは今回はここまで!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる