ビットコイン積立をはじめるべき5つの理由【貯金苦手でも貯まる】

広告 このコンテンツには広告を含む場合があります。

日本円だけに投資するのもリスクがあるから新しく投資をしてリスクヘッジしたいけど、いきなり買って損するのはイヤだと思う方も多いことでしょう(ぼくもそうでした)。

そこで今回は「初心者でもかんたんにできる”ビットコインの積立投資”」について、今からやるべき理由・注意点・初心者にオススメする取引所をわかりやすく解説していきます。

本記事を読んで実践すれば、初心者でも迷わず今日からビットコイン投資をはじめられますよ!

かきぴー

仮想通貨を30万円ほど運用し、100以上のNFTを保有してるぼくが解説していきます。

ビットコインには興味があるけど何からはじめていいか分からないという方は、ぜひ最後までご覧ください。

結論:迷ったらコインチェックでOK

コインチェックで積立のはじめ方
  1. コインチェックで口座開設する
  2. Coincheckつみたてを選ぶ
  3. 引き落とし用の口座を登録する
  4. 積立プランは「月イチ」、仮想通貨はBTCを選ぶ
  5. 積立額は1万円で申請して完了

>>>画像での説明を知りたい方はこちらから飛べますよ!!

目次

ビットコイン積立をした方がいい5つの理由

ビットコイン積立をオススメする理由は、次の5つです。

  1. 将来1BTC=1億円まで上がると予想されている
  2. 2024年に半減期が控えてる
  3. ほったらかしで手間がかからない
  4. リスクを分散できる
  5. 貯金が苦手な人もで絶対貯めれる

将来1BTC=1億円まで上がると予想されている

coindeskjapan

ビットコインの価値が将来「1BTC=1億円」まで上がると予想されています(CoindeskJpanより)。

記事執筆時点のビットコインの価値は「1BTC=約360万円」なので約28倍、もし0.1BTC(約37万円)だけでも持っていれば将来1,000万円になる計算です。

もちろんビットコインの価値がさまざまな要因で決まっていくので必ずしも1億円になるかはわかりませんが、半分の5,000万円だとしても約14倍となります。

もし1BTC=1億円になった場合、今4万円分ビットコイン持ってるだけで100万円になりますよ。

また今のビットコインの価格は落ち着いているので、今から参入した場合2021年の価格(最高は約700万円)まで戻っただけでも利益が出ますね!

2024年に半減期を控えている

ビットコインは4年に1度”半減期”という大きなイベントがあります。

半減期とは

マイナー(ビットコインの取引が正しいのか計算や記録してる人たち)への報酬が半分になるイベントのこと。

「報酬が減るなら価値も下がりそう」と思うかもしれませんが、過去にあった半減期のあとにビットコインの価格は上昇しています。

これまでの半減期ビットコインの価格マイナーへの報酬
(1回目)2012/11/28約1,300円50BTC→25BTC
(2回目)2016/7/9約7万円25BTC→12.5BTC
(3回目)2020/5/12約93万円12.5BTC→1.5625BTC
(4回目)2024年1.5625BTC→0.78125BTC

そんな半減期が2024年に控えているので、今のうちに少しでもビットコインを持っていれば購入したとき以上の価値になることが期待できます。

かきぴー

もちろん必ず上昇する保証はないので、生活に支障が出ない範囲でコツコツ投資していきましょう。

ほったらかしで手間がかからない

ビットコイン積立のいいところは「一度設定したらほったらかしでいいので初心者でもチャレンジしやすい」という点です。

トレードを専門にして毎日パソコンの前で価格をチェックできる人なら積立せず下がったところで買うのもいいですが、副業だとそうもいかないですよね。

毎日仕事が忙しく帰ってきたら疲れてしまっているという人も少なくないはず(むしろそっちの方が多いくらいだと思います)。

しかし積立投資なら「毎月の予算」と「どの仮想通貨を購入するか」だけ決めてしまえば、あとは取引所があなたの代わりにやってくれます。

かきぴー

これなら毎日が忙しくでもムリなく投資を継続できますね!

リスクを分散できる

ドルコスト平均法
THEOより

積立投資は「決まった日に一定額を購入し続ける投資法(ドルコスト平均法)」と、時間を分散しているので価格が高い時に一括で買って損する(高値掴み)を避けられます。

毎月一定額の積立投資をした場合
  • ビットコインの価格が上がったときは購入数量を少なくする
  • ビットコインの価格が下がったときは購入数量を多くする

価格に合わせて購入数量を調整することで、全体の平均購入単価を均一にしてくれます。

価格が「これ以上は下がらない」というところで購入できるなら一括で大きな金額でもいいですが、初心者がピンポイントで当てることは不可能なので時間を分散してコツコツ買いましたが方がリスクを抑えられますね。

貯金が苦手な人でも絶対貯めれる

ビットコイン積立をすると貯金が苦手な人でも絶対に貯めれます。

なぜならビットコインは”売るのがめんどくさい”からです

  • 取引所でビットコインから日本円へ換金する必要がある
  • 換金した日本円を口座へ振り込まないといけない
  • 日本円に換金した場合税金がかかる

この3つのポイントが「貯金が苦手な人でも絶対に貯金できる理由」です。

かきぴー

気軽に取り出せないし、取り出したら税金かかるなら「とりあえず置いておこう」ってなりますよね!

ビットコイン積立をするときの4つの注意点

ビットコイン積立をするときは、次の4つのことに注意しましょう。

  1. ビットコインの価格は常に変動している
  2. 長期運用を前提とする
  3. 少額からはじめる
  4. 仮想通貨の税金について

ビットコインの価格は常に変動している

ビットコインなどの仮想通貨は価格が一定ではなく、常に上がり下がりを繰り返しています。

なぜ上がるか、なぜ下がるかはさまざまな要因が関係しているのでプロでも予想するのはむずかしいので初心者はなおさらどうなるかの予想なんてできません。

なので「価格は変動するもの」と理解して相場の動きには慣れておきましょう!

かきぴー

投資初心者が失敗するパターンは”感情”に流されてしまうことです。

ツイート

積立についてはリベ大の両学長も「暴落は必ずあるから淡々と積立てるのみ」と言っています。

仮想通貨も将来価値が上がると言われているとはいえ、世の中の経済状況によって変わりますし暴落も必ずあるので感情に流されずに淡々とやっていきましょう。

「そういやビットコイン積み立ててたけどどうなってるかな?」くらいの気持ちだとムリなく継続できますよ!

長期運用を前提とする

積立投資は数年〜数十年は売らずにコツコツ貯めることを前提にしているので、価格がちょっと下がったからといって慌てて売るのはやめましょう。

先ほども話したようにビットコインは将来1億円まで上がると予想もされています。

ただ持っているだけで価値が上がっていくなら、ちょっと価値が下がったり少し利益が出たくらいで売るのは損ですよね。

少額からはじめる

仮想通貨をはじめて買うときいきなり数万円も使うのは不安になりますよね。

そこで最初は積立をする前にキャンペーンを使ってタダでもらったり数百円からでいいので自分で購入して保有する体験をしてみるのもいいでしょう。

本記事で紹介するコインチェック500円から購入できるので、いきなり積立が不安な方はぜひ一度数百円でいいので購入してみてください。

ビットコインを購入できる場所は「販売所」と「取引所」の二つあり、以下のような特徴があります。

  • 販売所:初心者でもかんたんに購入できるけど、スプレッド(売値と買値の差額:実質的な手数料)が発生する。
  • 取引所:操作にちょっと慣れが必要だけど、手数料を抑えて購入できる。

最初は「ビットコインを買って保有する体験」をしてみるのが大事なので、販売所で購入してみましょう!

勉強しつつ少しずつ慣れてきたら取引所での購入へ移動するのがいいですね。

かきぴー

最初はとにかく簡単な方を選びましょう!数百円なら手数料もほぼないようなものです。

コインチェックで口座開設はこちら

\無料・スマホで10分で完了/

ビットコインが500円から買える

5年連続アプリDL数No.1

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

仮想通貨の税金について

仮想通貨の取引所で課税されるタイミングで初心者がとくに気をつけた方がいいのは、次のふたつのパターンです。

  1. 仮想通貨を売って日本円にしたとき
  2. 仮想通貨Aを売って仮想通貨Bを購入したとき

2017年の仮想通貨バブルのときは「2:仮想通貨Aを売って仮想通貨Bを購入したとき」に課税されることを知らなかったために、A→Bへ交換したあとBの価格が暴落し多額の税金だけが残ってしまい破産したというニュースがありました。

日本円で仮想通貨を購入して保有しておくぶんには課税されないので安心してください。

税金については国税庁にページを定期的にチェックしましょう。

ビットコイン積立をする取引所の選び方

choice

ビットコインの積立ができる取引所は複数ありますが、初心者にオススメするのは「コインチェック」と「ビットポイント」のふたつです。

かきぴー

どちらを選ぶべきか迷うと思うので、予算別に解説していきますね!

なぜならコインチェックビットポイント「銀行口座から入金〜買付」をすべて自動でやってくれるので忙しくても入金忘れを防げるし完全にほったらかしでできるから。

どちらか迷ったときは、以下の条件を目安にしてみてください。

なおどちらの取引所もそれぞれ「コインチェック:マネックスグループ」「ビットポイント:SBIホールディングス」と上場企業が親会社なので信頼できる取引所です。

それでもどっちが安心かと言われたら大手のコインチェックになりますね。

コインチェックは過去にハッキングされた事件(2018年)がありましたが、ユーザーへ全額返金を完了してその後にマネックスグループに入りセキュリティを強化しています。

【取引所別】ビットコイン積立のやり方

ビットコイン積立

先ほど紹介した「コインチェック」と「ビットポイント」それぞれでビットコイン積立のやり方を解説していきます。

ステップ1:コインチェックで口座開設

まずはコインチェックで口座開設していきましょう。

基本的には画面の指示に従いながら操作していけば、サクッと10分ほどで口座開設の申し込みが完了します。

コインチェック口座開設の手順
  1. メールアドレス入力とパスワード設定
  2. 電話番号の認証
  3. 基本情報の入力
  4. 本人確認

詳しい開設手順については、こちらの記事で解説しているので参考にしてください。

\無料・スマホで10分で完了/

ビットコインが500円から買える

5年連続アプリDL数No.1

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

ステップ2:つみたてを設定する

口座開設ができたら積立の設定をしていきましょう。

  • パソコンの場合

パソコンの場合は左側のメニュー中央あたりにある「Coincheckつみたて」から

コインチェック積立
  • スマホの場合

画面右下の「ディスカバー」を開いて、下へ移動したらある「Coincheckつみたて」から

コインチェック積立

引き落としに使う銀行口座を登録します。

コインチェック積立
  • 購入する通貨:ビットコインでOK
  • プラン:「毎日」と「月イチ」から好きな方を選ぶ

毎日の場合は1日あたり333円分ずつ買う、毎月の場合は月に1回10,000円分を買うプランになります。

コインチェック積立

最後に積立する金額を設定したら「積立を申請する」を押して完了です。

※翌月から積立がスタートします。

コインチェック積立

予算に余裕があれば追加で購入してみる

ステップ2までで積立の設定は完了です!

あとは放置しているだけで、登録した銀行から取引所へ入金・ビットコインの買付をすべて自動でやってくれます。

もし予算に余裕ができて「追加で増やしたいな」と思った場合は、積立金額を増やすか自分で取引所から購入してみましょう。

自分で購入するなら手数料を抑えるために”取引所”での購入をオススメします。

かきぴー

ちょっと注文方法に慣れが入りますが、数回繰り返したら誰でもかんたんにできるので安心してください。

コインチェックでビットコインを購入する手順は、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

もっと利益を出したい人はレンディングをやろう

PBRレンディング

積立だと将来の値上がりを期待してコツコツ買っていくので、すぐに利益を出すには向いていません。

そこで「もっと効率よく稼ぎたい!」という場合は”レンディング(貸付)”を活用しましょう!

レンディングは持ってる仮想通貨を専門の業者に貸し出して、代わりに運用してもらうことで利益をもらうサービスになります。

レンディングにオススメは「PBR レンディング」というレンディングサービス

PBR レンディングは利率10%という高利率でビットコインを運用してくれるので、効率よく稼ぎたい場合に向いています。

詳しいやり方や注意するべきポイントは、こちらの記事でくわしく解説しているので参考にしてください。

ビットコイン積立についてよくある質問

初心者はどの仮想通貨を買えばいいですか?

最初はビットコインを選びましょう。

予算5,000円以下では積立できないんですか?

GMOコインビットフライヤーならできます。

ただ銀行口座からの引き落としに対応しておらず、毎回取引所へ入金しなければならないので注意してください。

積立はいつ売ったらいい?

売るときの明確な時期は個人のルールによって変わるので「〇〇円貯まったら売る」など、個人でルールを決めておくといいですね!

注意点は売った場合は税金がかかるので、必ず税金がいくらかかるかはチェックしておきましょう。

ビットコイン積立のデメリットが知りたいです。

「販売所で購入なのでスプレッド(実質的な手数料)が発生する」「短期的に稼ぐのは向いていない」「元本割れのリスクがある」などがあります。

コインチェックの口座開設の手順が知りたいです。

こちらの記事でスクショを使って解説しているので参考にしてください。

>>>コインチェックの口座開設記事をチェックする

ビットポイントの口座開設の手順が知りたいです。

こちらの記事でスクショを使って解説しているので参考にしてください。

>>>ビットポイントの口座開設記事をチェックする

ビットコインって税金はかからないの?

ビットコインを日本円で買って持ってるだけでは税金はかかりません。

売ったり、他の仮想通貨と交換すると課税されるので注意してください。

まとめ:ビットコイン積立でコツコツ貯めていこう

ビットコイン積立のメリット
  • 一度設定したらほったらかしなので初心者にもやさしい
  • 時間分散で高値掴みのリスクを減らせる
  • ビットコインは今後価値が上がると予想されている

ビットコイン積立投資なら「毎日が仕事で忙しい人」でも「めんどくさがりな人」でも、一度設定してしまえばあとは放置でOKなのでムリなく続けられます。

さらに口座開設も最短で10分ほどあればできるので、休みの日にサクッとやっておくといいですね!

2024年の半減期を見据えて、今からコツコツビットコインを貯めていきましょう。

コインチェックの口座開設はこちら

予算1万円以上、かつ上場企業が運営しているので安心したい人向け

\無料・スマホで10分で完了/

ビットコインが500円から買える

5年連続アプリDL数No.1

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

ビットポイントの口座開設はこちら

予算5,000円〜と低予算でビットコイン積立をしたい人向け

\無料スマホで簡単・最短10分/

口座開設で1,500円相当のOSHIゲット!

※6/28(金)16:00までに口座開設を”完了”する

※配布は2024年7月中を予定

\いつでも見返せるようピンの保存をしましょう!/

画像をタップするとかんたんに保存できて好きなときに見返せるよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

28歳NFT仮想通貨ブロガー|日本一周の経験からバイクブログを1年続けるも月5000円程度で消耗|「投資ってなに?」状態から友達のすすめで仮想通貨をはじめたことをきっかけに仮想通貨ブログへ転身|同じように知識ゼロだけど仮想通貨をはじめたい人に向けてブログを書いてます|2022年2月からNFT沼にハマる

目次