※SWELLへテーマ移行につき調整中※

【保存版】沖縄へフェリーでバイクを運ぶ料金や日数、オススメ部屋など解説!

はいさい!かきぴーです。

日本一周に限らず、「自分が乗ってるバイクで沖縄へ行ってみたい」と

一度は思ったことはありませんか?

 

思ったことはあるものの

沖縄までのフェリー代っていくらかかるの?

船内ってどうなってるの?部屋は雑魚寝で大丈夫?

何を持っていくといいの?

など疑問も多いと思います。

 

そこで今回は、沖縄へ自分のバイクを持っていきたいと考えてるあなたへ

沖縄から1年半かけて日本一周した僕が

沖縄へ自分のバイクをフェリーで持っていくときの料金などについて」詳しく解説していきます。

 

この記事でわかること

  • 沖縄ー鹿児島の航行日数や料金
  • 船内の電源設備や電波状況
  • オススメの部屋タイプ
  • フェリーへ乗るときの注意点
かきぴー
TwitterInstagramやってます。

お問い合わせはこちらから

 

 

 

目次

沖縄へバイク行くときのフェリー料金と日数は?

まず、沖縄ー鹿児島にかかる日数と料金は以下のようになります。

 

航行日数 約1日(24-27時間) ※那覇港か本部港で変わります。
   
【料金】
特等 ¥37,200
一等 ¥29,760
二等 ¥12,880
寝台Aは+¥6,280 寝台Bは+¥2,080が上記の料金に加算されます。
 
【バイク料金】
原付 ¥5,810
自動二輪(原付以外) ¥7,250

※他の離島への料金が知りたいからはこちらから調べられます。

※運賃は燃料油価格変動調整金(BAF)の燃料油購入価格によって3ヶ月ごとに変わるので必ずチェックしてください。

 

目安として

  • バイク(原付)は1人あたり¥18,690〜
  • バイク(原付以外)は1人あたり¥20,138〜

になります。

 

 

船に乗る当日は何時までに港に行けばいいの?

バイクは車より奥の方へ通される関係上、案内が早いので

 

メモ

乗船の1時間前(鹿児島発は2時間前)までには

乗船手続きを済ませて待機しましょう。

 

那覇港・本部港の場合は受付は1階

鹿児島港の場合は人の受付3階、バイクの受付は1階となっています。

 

 

 

フェリー内で食べ飲みするものは1日分を用意しておけ!

フェリー内にはレストランや売店、自動販売機の設備はありますが

価格が若干高いのと、常に開いてるわけではなく時間が決められているので

乗船前に1日分の食料を買って用意しておきましょう!

 

案内所・売店・レストランの営業時間

【案内所・売店】
下り(鹿児島発) 18:00~21:00 (翌日)各港の入港30分前、各港の出港30分後
上り(那覇発) 各港の入港30分前、各港の出港30分後
   
【レストラン】
下り(鹿児島発) 夕/18:00~19:00 (翌日)朝/6:30~7:30、昼12:00~13:00
上り(那覇発) 昼/12:00~13:00、夕/18:00~19:00 朝(翌日)/7:00~7:30

※沖縄到着前の夕食:レストラン営業はなし。軽食(いなり・サンドウィッチ等)販売はあります。

※那覇初の朝食:レストラン営業はなし。軽食(いなり・サンドウィッチ等)の販売はあります。

 

繁忙期などに利用すると意外とレストランも利用者が多く混み合って大変なので、

事前にお弁当やおにぎりなどを持ち込んでおくと好きな時間にゆっくり食べることができます。

 

電子レンジはあったので温めることはできますよ!

 

船内にはこういったフード自販機もあるので

旅の記念に一つや二つ買って見てもいいと思います。

 

とにかく安く量を多く食べたいなら「グラノーラ」がオススメ!

イオンに売ってるトップバリューのグラノーラは800gで700円ほどなので

乗船中の朝ご飯や完食用になるのでオススメです!

 

唯一困るのは牛乳がないのでそのまま食べないといけないということ。

食べるときは水がないと口内の水分を持っていかれてチーチーカーカーします。

※チーチーカーカー:沖縄で口がパサパサになったときのこと

 

created by Rinker
ケロッグ
¥990 (2021/10/17 13:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

携帯の電波って繋がる?Wi-Fiってあるの?

船で移動中にもSNSを更新したり、人によってはブログを更新したりしたいですよね。

そこで気になるのが船での通信状況ですが

 

海上ではほぼ繋がりません。

 

Wi-Fiも用意されていますが、陸の電波を拾ってつなげているので

どうしても海上では繋がらないことが多いです。

 

各離島に寄ったときに電波は繋がるようになるので

その時を狙ってSNSを更新したり貯まった返信するといいですね!

 

 

携帯を充電したいときは部屋にコンセントはある?

マルエーフェリーは「あけぼの」も「波之上」も個室やカプセルタイプには

コンセントがしっかりついていますが、和室タイプの部屋はどうやらコンセントはなさそうです。

 

和室タイプの部屋で乗船するならモバイルバッテリーを事前に用意しておくことを

強くオススメします。

船内の様子を詳しく知りたい方はこちらのサイトで紹介されています。

 

ポイント

カプセル・個室→部屋にコンセントが付属

和室→コンセントなし

 

ちなみに共用スペースにはコンセントがなかったので

充電は自分の部屋かモバイルバッテリーの2択になります。

 

旅にオススメのモバイルバッテリー↓

 

 

 

部屋タイプは寝台Aの個室かカプセルがオススメ!

もしあなたが

 

「船で移動中はのんびり過ごしたい」

「周りの人の音に悩まされたくない」

 

と思うのであれば、二等寝台Aの個室かカプセルを選ぶようにしましょう

 

注意ポイント

二等寝台Aの個室やカプセルは「フェリー波之上」にしかないので

予約を取るときはフェリーの種類に注意してください。

 

 

繁忙期はもちろんのこと、そうでない時もたくさんの利用客がいるので

会話の声や移動の音、いびきなどたくさんの”音”が周りから聞こえてくるので

ちょっと神経質な方には気が滅入るかもしれません。

 

僕が沖縄から鹿児島へ乗船した時は離島から学生の団体が乗船してきて

船内はけっこー賑やかになっていましたが、

カプセルの方に部屋をとっていたの静かに船酔いで動けず寝てました(笑)

 

created by Rinker
Moldex
¥470 (2021/10/17 13:30:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

フェリーに乗るときに注意しておいた方がいいことは?

乗り物酔いをしやすい方は出港の30分前くらいには”酔い止め”を飲んでおきましょう。

激しく揺れるわけではないけど、ゆったりと大きな揺れがずっと続く時があるので

弱い人はほぼ確実に酔います!

 

僕が乗った時は廊下を歩くと船の揺れでアトラクションみたいになってて

後から乗船してきた学生の団体は何人もリバースしていました(笑)

 

ポイント

乗船して部屋を確認した後は

  • トイレやシャワーの位置などを把握しておきましょう。

 

 

 

予約はちゃんととっておく

沖縄行きのフェリーだけに限らず、

日本一周中にフェリーを乗って移動するときは”事前予約”をちゃんと取りましょう

 

たまに「キャンセル待ちで大丈夫」という方もいますが、

キャンセル待ちでは確実に乗れるかはわからず

先の予定を変更しないといけないこともあるので予約は大事!

 

 

貴重品の自己管理

盗難にあう確率は低いですが、対策しておくに越したことはないので

貴重品の管理はしっかりとやっていきましょう。

 

 

おわりに

沖縄へバイクに乗ってフェリーで移動するためにはそれなりに旅費がかかってくるので

日本一周中や旅行で来るときの参考にしてみてください!

 

  • バイクは¥18,690〜
  • 出港の1~2時間前には手続きを済ませておく
  • 事前予約は大事
  • 資金の余裕があれば個室やカプセルがオススメ
  • 食べ物飲み物は前もって買って用意しておく
  • 乗り物酔いが心配なら酔い止めを飲みましょう

 

沖縄へバイクを持っていくのが厳しいという方は

バイクを一度置いて飛行機などへ沖縄へ行きレンタルバイクで回るのもアリです!

 

沖縄は本土に比べてレンタルバイクも比較的安いので

フェリー代をレンタルバイクと宿代に回すのもいいと思います。

 

それでは今回はここまで!

あなたの楽しいバイクライフのお役に立てたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる