※SWELLへテーマ移行につき調整中※

【バイク旅】日本一周中最後ににお風呂入ったのはいつ?〜お風呂代の節約術〜

日本一周中でたまに他の旅人と話していたのが

「最後にお風呂入ったのっていつ?」

でした。

 

ここで一つ質問

あなたが最後にお風呂に入ったのはいつですか?

 

今回の記事の内容

  • 日本一周中のお風呂代節約方法の紹介
かきぴー
バイクで200日以上旅をしていた

かきぴーのお風呂代節約方法を紹介していきます!

 

目次

毎日はお風呂に入らない?!

それでは改めて

「あなたが最後にお風呂に入ったのはいつ?」

 

そう聞かれて大体の人は

「昨日」「数時間前」「ついさっき」

と答えると思います。

 

同じ質問を日本一周中の旅人にすると

「2日前」「3日前」という人が多いです!

(中には「1週間入ってないかな」という猛者もいます。)

 

ただみんながそうというわけではなく
中には「お風呂は毎日はりたい」という方もいます。
僕もそういう人の中の一人で
旅中もお風呂は極力毎日入ってました

ただ、どうしても入りに行けない状況
たとえば「近くにお風呂がない」「雨でテントから動けない」
などの時は仕方なくお風呂を諦めることはありましたが、
次の日には必ず朝イチで入りに行ってました!

 

この辺りは
お風呂に入らなくても平気かどうか
財布との相談で個人で決めていいと思っています。

それでも最低限、清潔感を保つ対策は必須!

 

1ヶ月のお風呂代

一回のお風呂でだいたい

500円前後(最高1,100円出したこともあります)

かかりました。

毎日お風呂に入るとすると

1ヶ月のお風呂代

500円 × 31日 = 15,500円(1ヶ月のお風呂代)

で大体15,000円前後かかります。

 

お風呂代を節約するためにしたこと

とはいえ、削れるところは削っていかないと
旅中に15,000円はなかなか大きい出費になってしまいます!

そこで、僕が日本一周中にお風呂代を節約するためにやっていたことを5つ紹介します。

 

その1.「温泉博士」の活用

温泉博士は620円で手に入る温泉に関する雑誌で
本の中に「温泉手形」というものがあり、
対象の施設で見せると

1回の入浴が無料or1,000円引き

になるお得すぎる雑誌!

ただ、毎月対象の施設が変わるのと
距離が遠かったりするので

“バイク・車旅“向けの活用の仕方になります

 

その2.ネットカフェの利用

ネットカフェは場所にもよりますけど

30分300円〜

で利用できたりするので、
「とにかくシャワーだけでも浴びたい!」

という時は利用していました。

注意ポイント

お店によっては
「基本料金 + シャワー料金」
がかかる場所もあるので、慣れてないなら
快活Clubを選ぶと間違いないです。

 

快活Clubを選ぶポイント

 

快活Clubのシャワーを利用するときは

  • シャワー(無料)・タオル使い放題
  • モーニング無料
  • 駐車場←バイクの場合

の記載があるかをアプリで調べておきましょう

モーニングは6:00~10:30まで食べれるので
300円ほどでお風呂入ってからご飯食べることもできます。

 

その3.野湯

東北から北海道にかけて野湯がたくさんあったので
入れるときは活用していました。

野湯は通常の温泉と違って“お湯に浸かるだけ“
なので頭や体えを洗ったりはできないけど
お風呂に入らないよりは全然マシ!

注意ポイント

場所によっては管理してくれてる方達がいるので
迷惑にならないように使い方には注意。

とはいってもマナーよく入っていれば特に問題ないです!

 

その4.公衆浴場の利用

通常の温泉は500円前後するけど

「公衆浴場」なら場所にもよるけれど

300円前後でお風呂に入れる場所があります。

 

ケータイを使ってそういった場所を見つけられたら
入りに行っていました!

 

数は少ないものの
お風呂入りたい!だけど周りに野湯がないような街
といったときに探す価値はあります。

 

その5.体拭きシート

テント泊した次の日が雨で動けない時、
体力的にお風呂に入りに行けなない時、
たまたま近くにお風呂がない時など

そう行った時はせめて体拭きシートで体を拭いて
清潔感を保っていました。

 

オススメは「介護用の体拭きシート」

制汗シートと違ってスースーしないし
お風呂入れない時などを想定しているので
日本一周でお風呂に入れない時に重宝しました!

よく使った場面は

  • 道の駅で寝る前にトイレで着替えながら
  • テントの中で着替えながら

日中汗かいて気持ち悪い時などにも使ってました!

場所も取らないし300円くらいでドラッグストアに売ってるので
一つ持ってるといいと思います。

もしくは濡れタオルで抜くだけでもさっぱりした感はあります!

 

節約だけじゃなく時には楽しむことも大事

日本一周中にやっていたお風呂代の節約を紹介してきましたが、

時にはガッツリ使って楽しむことも大事です!

 

せっかく日本各地を回っているので
節約ばかり考えすぎず

「あ!ここ入ってみたいところ」

というところは出し惜しみせずに
楽しんでいきましょう!

 

日本一周した経験上
お金のことだけ考えてケチった場所は

「あの時無理してでもケチらなければよかった」

と後悔することが多いので
財布と相談しながら節約するとこガッツリ使うとこを
見極めましょうね!

 

かきぴー
多少無理しても日本一周終わったあと

「あそこ行ってよかったな」

って思い出になります。

 

おわりに

“自分の体臭“って自分では気づきにくいけど
周りにいるいる人には臭ってることがあります。

旅中はどこでどんな出会いがあるかわかりません
お風呂入れなかった!って時にそういう出会いがあったりするので

常に清潔感を保てるように気をつけたいですね!

 

バイクは移動距離を稼ぎやすいので
バイク旅の特徴を活かしてうまく節約する参考になれば幸いです!

 


日本一周に持っていくタオルは
吸水力のある「トラベルタオル」がオススメ!

Caloics® 速乾タオル スポーツタオル 4枚2枚セット 防災用品 収納袋付き マイクロファイバー バスタオル

Lサイズを4枚に切り分けるとお風呂やテント用など使い分けれます


 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる