【〜12月2日】Amazonブラックフライデーセール開催中!対象商品を確認する→

【エストレヤのレストア⑥】シリンダー・シリンダーヘッドの組み立て

ハイサイ!かきぴーです

前回はピストンを取り付けることができたので

ようやくエンジンの組み立てられる部分を組み立てていきます。

この記事を書いた人
  • 2019.05~2020.12 日本一周約20,000km完走
  • バイクで行くソロキャンプ・ツーリングが好き
  • 整備は「調べて挑戦してみる」スタイル

日本一周の経験をもとにバイクで行くソロキャンプやバイク旅、整備について発信しています。

素人が自分なりに調べて行った作業の忘備録となります。
不具合や事故等が起きてもこちらでは責任が負えませんので、参考にする場合は自己責任のもとお願いします。

目次

シリンダーの取り付け

まずは新品のガスケットをセット

このとき、古いガスケットは綺麗に剥がしてオイルストーンで綺麗に面だししておきましょう。

※ここをサボるとオイル漏れの原因になりかねません。

ピストンリングはシリンダー内径より大きく作られているので、取り付けるときはピストンリングを圧縮する必要があります。

本体はピストンリングコンプレッサーという専門の道具を使うんですが、持ち合わせていないのでペットボトルで代用します。

写真のようにピストンを握りながらうまいことシリンダーへ入れていくんですが

これがまた微妙に難しい・・・

ピストンリングにはオイルを塗布しているので滑るし、うまく圧縮できず少しずれただけでなかなか入らない

タイラップを使って固定すると綺麗に圧縮できるそうなので、参考にするときはタイラップの用意をオススメします。

シリンダーヘッドの取り付け

シリンダーとシリンダーヘッドの間にガスケットを取り付けたらシリンダーヘッドを乗せていきます。

このとき、カムチェーンは針金などで下に落ちてしまわないようにうまく釣り上げておきましょう。

シリンダー・シリンダーヘッドをボルトで固定します。

  • 上段:9.8Nm
  • 下段:8.8Nm

シリンダヘッドボルトを取り付けるときは
ねじ部に二硫化モリブデングリスを塗ります。

シリンダヘッドボルトの締め付けは順序があるので注意

締め付けるときは

  • 15Nmで仮締め
  • 47Nmで本締め

と2段階で規定トルクに締めます。

カムチェーンスプロケットの取り付け

カムチェーンスプロケットを取り付けるときは”圧縮上死点”の位置を間違えると大変なことになるので丁寧に作業をしていきます。

圧縮上死点とするのにフライホイール裏のマーク(写真でいう赤と青の点)を合わせるんですが、フライホール外すのは正直めんどう

ということで、プラグホールをライトで照らしつつピストンの位置を調整します。

エンジン下ろすときギアはNにしているので、フライホールを回るとピストンも連動し上下に動きます。

プラグホールから覗いてピストンが上にきたタイミング(ホールから風が吹き出る)でフライホールのTマークを確認。

問題なければカムスプロケットを取り付けます。

圧縮上死点の時のマークがどこにあるかを覚えているのでやっていますが、フライホールを外してマークを確実に合わせることをオススメします。

カムスプロケットにもマークがあるので、これを合わせます。

※カムシャフトのマークは頂点に持ってくる

カムチェーンをスプロケットにはめてボルトで固定していきます。

※ボルトにはハイロック剤を塗ります。

とりあえずこれでカムスプロケットの取り付け完了。

この辺りの作業は必ずサービスマニュアルを用意し、見ながら行ってください。

この記事を書いてる時点ではまだ修理中で、この方法が本当にうまくいくかわかりません。

なので参考にするときは自己責任でお願いします。

テンショナーの取り付け

カムスプロケットが取り付けできたらテンショナーを取り付けていきます。

テンショナーは取り付ける前に縮めてあげる必要があるので、まずはそれを行っていきます。

ロックを押しつつ、バネを押し込みます。

このときバネが元に戻らないように抑え続けましょう。

反対側を見ると小さい穴が見るので、そこへ細い棒を差し込んで固定します。

今回はKure556DXのものがピッタリ入ったのでそのまま利用

エンジンへ取り付けてから棒を抜きます。

ここのボルトの規定トルクは「8.8Nm」

カムチェーンが内側に接触してないことを確認したらOK

カムチェーンが摩耗して伸びると、ここに当たってどんどん削っていってしまうんですよね。

≫初期のエストレヤの持病と対策について

これでとりあえずエンジンを車体へ乗せられそうなところまではできたので

次回はこのままエンジンを載せ替えていきます。

素人が自分なりに調べて行った作業の忘備録となります。
不具合や事故等が起きてもこちらでは責任が負えませんので、参考にする場合は自己責任のもとお願いします。

使用テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる