これからモトブログを始めるならGoProHERO9以降がオススメな理由

バイク乗ってるときに動画撮りたいけど

・アクションカメラってどれがいいの?
・これからGoPro買うならオススメのモデルは?
・モトブログ始めるのにカメラ以外に何が必要?

という疑問に答えていく内容をまとめていきます。

バイクで動画を撮影して投稿する”モトブログ”が有名になって「自分もやってみたい!」

と考える方も多くいると思います。

僕も日本一周の途中でGoProを買い、モトブログを実際に撮影していたので

今回はその時に使用した機材や注意点などを踏まえながら

「これからGoProを買うならどのモデルがいいのか」について紹介していこうと思います。

この記事でわかること
  • モトブログに必要な機材
  • これからGoProを買うオススメのモデル
  • すでにGoProを持ってるけど買い換えるべきかどうか
この記事を書いた人
  • 2019.05~2020.12 日本一周約20,000km完走
  • バイクで行くソロキャンプ・ツーリングが好き
  • 整備は「調べて挑戦してみる」スタイル

日本一周の経験をもとにバイクで行くソロキャンプやバイク旅、整備について発信しています。

目次

モトブログでよりリアルに旅の記録を残せる

ツーリングや旅をした日々を記録するとき

動画で残すと写真に比べて動きや音声などより鮮明に記録として残すことができます

写真だけじゃ伝わりにくい感情を音声を通して「あぁこのときは寒くて嫌になってたな」「感動してて声がちょっと高くなってる」など

見返す自分だけじゃなくその映像を見せた人にも伝えられる情報量が圧倒的に多いです!

モトブログは投稿用でもよし、自分用でもよし

モトブログと聞くと

「自分は投稿できるほどの映像が撮れないし編集もできないからな〜」

と思って映像を残すことを躊躇ってしまう方もいると思います。

僕も最初は同じことを思って避けていましたが、

けど撮った映像は投稿しなくても自分や友達と楽しむ用にだって撮っていいんです!

別に撮影したらって必ずしも何かに投稿する必要はないですもんね。

撮影に慣れてきて投稿に興味が出てきて初めてSNSへ投稿をしてみるといいですね。

かきぴー

SNSなら1分ちょっとの映像でも投稿できるので
YouTubeに比べてハードルは低いです!

モトブログにはGoPro がオススメな3つの理由

僕は日本一周中にGoPro HERO6→GoPro HERO9とMAXへと買い替えていますが

GoProはいろんなモトブロガーやガジェット紹介系YouTuberなどが使うだけあってモトブログにはとても良いです。

良いと思う理由は3つ

  1. ジンバルいらずの手ぶれ補正
  2. トップレベルの画質
  3. 専用モジュラーの拡張性

メリット1:ジンバルいらずの手ぶれ補正「Hypersmooth4.0」

GoProといえば圧倒的な手ぶれ補正の良さ

HERO7が出た時もその手ぶれ補正の凄さに驚かれていましたが

HERO10になってさらに手ぶれ補正が強化されて

激しい動きでもまるでジンバルがついてるような滑らかな映像を撮影するとができます

メリット2:アクションカメラトップレベルの画質

GoProはコンパクトながらもHERO10では5.3K/60fpsでの撮影が可能になりました。

スローモーションは4Kに対応しておりこれまでのモデルに比べて画質選択の幅が広がっています。

メリット3:専用モジュラーの拡張性

HERO7までは外部マイクを使用するためには

「GoPro本体」「マイクアダプター」「社外性ケース」「外部マイク」が必要でしたが、

HERO8からは専用の”メデイアモジュラー”がマイクアダプターとケースの役割をしてくれるので

かなり使いやすくなっています。

かきぴー

ケース分大きく重くなってしまったけど
複数のパーツが一つにまとまったことでの
メリットは大きいです!

GoProのデメリット・注意点

そんなアクションカメラとして高性能なGoProでも注意点はもちろんあり

以下の通りとなります。

  1. バッテリーの持続時間
  2. 熱暴走
  3. 夜景に弱い
  4. フリーズする

注意点1:バッテリーの持ちが良くない

HERO9からこれまでのモデルよりバッテリー容量が増えましたが

それでも1時間前後が限度

1時間以上の長時間撮影をしたい場合は充電しながら撮影しましょう。

注意点2:熱暴走

これはGoProに限らずスマホなどの電化製品でも起こることで

長時間撮影したり、炎天下のもと使用していると本体が発熱しめちゃめちゃ熱くなり機能を停止します

そういう時は放熱し本体の温度を下げてから使用を再開しましょう

注意点3:夜景に弱い

アクションカメラ全体で言えることではあるんですが

使用するシチュエーションが日中などを想定されているためか夜景に弱く滲んでしまいます。

一応、カメラのナイトモードを使用したりシャッター速度やISO感を変更することで

ある程度は夜景での撮影が可能になります。

この写真はカメラに詳しい知り合いに教えてもらってGoPro HERO9で撮影した名古屋タワーです。

設定さえちゃんとしてあげればこんなに綺麗に撮ることができます!

注意点4:フリーズする

フリーズ問題はGoPro全モデルで毎回必ず言われていて

熱暴走でフリーズするほか、ソフトウェアをアップデートしたらフリーズしたなんてことも聞きます。

僕自身、日本一周中に録画したはずデータがフリーズで何度か消えた経験があります

正直、原因が分からないことが多く対処法も都度変わってくるので

こればっかりは本当に勘弁してほしい問題です。

これから買うならHERO9以降をオススメする理由

もしこれからGoProの購入を検討しているのであれば

HERO9以降の購入をオススメします。

やっぱり最新で機能が大幅に改善されたりアップグレードされているのが大きな理由ですが

価格差を見ても公式から購入なら頑張れば手が出せる価格ということもありますね。

価格
HERO10¥54,000 (64,000)
HERO9¥48,000 (54,000)
HERO8¥43,800

※( )は割引されてない価格

HERO8とHERO10の価格差は約10,000円

HERO9とHERO10の価格差は約6,000円

購入時にサブスクリプションに加入することでこの金額でGoProを購入することができます。

HERO8だけは割引対象外らしく、上記の価格で固定でした。(2021.12.08現在)

対応するモジュラーがHERO8より豊富

HERO9や10はバッテリー容量が増えたり、MAXレンズモジュラー、

ケーブル付けたまま使える蓋、より高性能になったメディアモジュラーなど

HERO8以前のモデルよりも機能面、対応してるモジュラーが充実しています。

また、GoProは2021年12月に新しい「エンデューロバッテリー」の販売を開始しました。

この新しいバッテリーは寒い場所での使用に強く適正温度下の使用でも通常より撮影時間が約40%長くなるとしています。

さらにはこれまでのバッテリーよりも最大13%高速充電することができます

エンデューロバッテリーはHERO9以降モデルが対応しています。

GoProはどこで買うのがオススメ?

GoProを購入するときは公式サイトからの購入をこのブログではオススメしています

理由は以下の通り

  • サブスク加入で一番安く購入できる
  • アクセサリーが最大50%OFF
  • 無制限のクラウドストレージ使用
  • 年2回まで理由問わないカメラ交換 (※有償)

サブスクに関しては以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

モトブログを始めるのに必要な機材

ここまで読んで、「動画撮るだけだけどモトブログ始めてみたいな」と思った方もいると思います。

そこでここでは僕が実際に揃えた機材を紹介。

音声ありの動画ならこれだけあれば十分で、音声はいらない場合はマイクを外せばOK

ヘルメットはシステムが欲しい買ったこともあってネオテック使用してますが

正直かなり高額なのでOGKなどでも全然いいと思います。

SDカードについてはできる限りゴープロが推奨しているものを使用することをオススメ

初めて撮影は”顎マウント”がオススメ

モトブログを始めるとき「GoProどこにつけよう」と迷う場合は

”顎マウント”をオススメします。

ライダー目線の動画が撮れ、視線に合わせて撮る方向を変えられるので

走行中に見つけたものなどカメラに収めることができます。

オススメの顎マウントについては以下の記事でまとめてるのでチェックしてみてください。

GoProの音声操作を活用して走行中も便利に

GoProに外部マイクを取り付けてると、走行中手で操作することなく

”声”だけでGoProを操作することができて便利なので外部マイクはオススメ。

「ゴープロ電源オフ」「ゴープロ電源オン」「ゴープロ写真」など

ゴープロの音声コントロールは高性能で慣れるとめちゃめちゃ便利!

モトブログに関わらず普段の撮影でも音声コントロールは使えるので

ゴープロを買ったら試してみてください。

》HERO9の説明書(PDF)はこちら

》各モデルのマニュアル検索はこちら

確実な操作はリモートコントローラーを活用

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥15,192 (2022/12/02 22:19:45時点 Amazon調べ-詳細)

「音声操作じゃ確実に動いてるか不安」という場合は

手動で本体を操作してミラーなどで動いてることを確認するか

The Remoteのような純正のリモートコントローラを使用すると確実に操作することができます。

走行中にカメラ操作を行うと周りへの注意が疎かになってしまい

事故へ繋がる恐れがあるので極力止まって操作するようにしましょう。

メディアモジュラーは雨天時に注意

GoPro本体は防水ハウジングなしでも水深10mの防水性能を持っていますが

メディアモジュラーを取り付けるとこの防水性能がほぼなくなるので

雨の日に使用すると隙間から雨水が侵入してカメラが壊れる恐れがあります。

もし撮影中に雨が降ってきたらすぐにメディアモジュラーは外しましょう

バイクに乗るなら映像撮影してよりリアルな思い出を残そう

GoPro HERO9以降をオススメする理由は以下の通り

  • サブスク使うと一番安く購入できる
  • 対応してるモジュラーが多い
  • 機能面で大幅にアップグレードしている

もしあなたがこれからモトブログを始めたいと思ってGoProのモデルで迷っているなら

HERO9かHERO10の購入を強くオススメします。

この二つの価格差はサブスク割引で6,000円ほどなので

この価格差を高いと思うか安いと思うかで選ぶ基準が変わってくると思います。

サブスクで購入時は必ず追加でバッテリーとメディアモジュラーは揃えておきましょう!

※カメラ1台にバッテリー3つまで購入できます。(本体に付属してるのも含めて)

購入前にレンタルする選択肢も

「購入する前に一度試しに使ってみたい」という場合は

GoProが格安でレンタルできるRentry」などのサイトで3泊4日でGoProをレンタルすることができます。

HERO9や10といった最新モデルは3泊4日で10,000円前後になるので

レンタルして購入を決めるか、購入後にメルカリなどで売るかなど

どちらがあなたにとってメリットが大きかを計算して決めてみてください。

GoProが格安でレンタルできるRentryはこちら

使用テーマとオススメクレジットカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

27歳NFT仮想通貨ブロガー|日本一周の経験からバイクブログを1年続けるも月5000円程度で消耗|「投資ってなに?」状態から友達のすすめで仮想通貨をはじめたことをきっかけに仮想通貨ブログへ転身|同じように知識ゼロだけど仮想通貨をはじめたい人に向けてブログを書いてます|2022年2月からNFT沼にハマる

目次