【ダサいけど便利】バイクにリアボックスをオススメする4つのメリット

「バイクの後ろに箱つけてる人いるけどダサくない?
「つけてると便利なの?」
「もし付けるならサイズはどれがいいの?」

バイクにリアボックスを付けるときによくある悩みだと思います。

僕自身エストレヤにリアボックスをつけてツーリングしたり日本一周したりしてますが

最初は「え、これはダサい。ちょっとないわ〜」と思っていました(笑)

それが今では「ヤッベ!リアボックス便利すぎて外せない!」と

手放せない日常からツーリングまで必須アイテムとなっています。

今回はそんなダサいと言われてるリアボックスの「メリット/デメリット」「選び方」についてまとめました!

この記事でわかること
  • リアボックスのメリット/デメリット
  • 容量別の選び方
  • オススメのリアボックス
この記事を書いた人
  • 2019.05~2020.12 日本一周約20,000km完走
  • バイクで行くソロキャンプ・ツーリングが好き
  • 整備は「調べて挑戦してみる」スタイル

日本一周の経験をもとにバイクで行くソロキャンプやバイク旅、整備について発信しています。

目次

リアボックスとは?

リアボックス(またはトップケース)はバイクの後ろにつけてる箱のことで

サイズは20ℓ〜50ℓ以上、材質もポリプロピレン(PP)やかなり丈夫なアルミ合金まで幅広く

デザインも様々なものが発売されています。

リアボックスを付けるメリット4選

リアボックスを付けることで得られるメリットは主に4つ

  1. 収納量のアップ
  2. 防犯対策
  3. 防水だから荷物が濡れない
  4. 背もたれになる

1.収納量のアップ

リアボックスは取り付けることで収納量が増えます

スクーターとは違いマニュアルバイクのほとんどは収納スペースがないので

リアボックスやサイドバック、パニアケースなどを使うことで収納スペースを増やせます。

また、スクーターにつけることでシート下以外の収納スペース増加になるので

より多くに荷物をバイクへ積むことができるようになります。

2.防犯対策になる

よく駐車場でヘルメットを外から見える場所にひっかけていたり、

ひどい場合はシートの上やミラーに鍵をかけずに放置しているのを見かけます。

鍵すらもかけずに放置するのは「どうぞ持って行ってください」と言ってるのと同じ。

SNSを見てると

  • ちょっとバイクから離れた隙にミラーにかけてたヘルメットが盗まれた
  • ヘルメットロックにしっかりロックしてたらあご紐を切られて盗まれた

といった事例を見かけますが、今は鍵をかけていても盗まれることだってあるんです。

本当に盗られたくないなら見えないようにする常に持ち歩くようにしましょう。

かきぴー

盗む人が悪いのはごもっともだけど
だからと言って最低限の盗難対策をしないのは
また別の問題です。

防水だから荷物が濡れない

バイクに乗っていて、予想していなかった雨って困りものですよね。

天気予報では晴れだったのに、いざ出かけると出先で雨に降られて大切な荷物が濡れてしまうなんてことは

できるだけ避けたいのはライダー共通の悩みだと思います。

そういうとき、シート下やリアボックスなど”雨に濡れない場所”へ濡れたら困るものだけでも

避難させておくことで確実に雨を避けることができます

かきぴー

これまで台風や大雨を経験しましたが
一度もボックス内に浸水することはありませんでした。

背もたれになる

バイクの後に乗ったことがある人ならわかると思うけどバイクの後ろって想像以上に不安定。

そんなとき、リアボックスがあると

背もたれの役割をしてくれてタンデムする人の安定性に繋がります

そのままでもいいですが、ボックスには背もたれ用のクッション(バックレスト)を使うと

後ろに乗る人が背中を痛くせずにすみます。

かきぴー

よく誰かを送迎することがあるなら
是非ともつけておくと便利なアイテムです。

created by Rinker
シャッド(Shad)
¥2,569 (2022/05/24 02:12:13時点 Amazon調べ-詳細)
注意ポイント

バックレスト(クッション)はメーカー専用品や汎用品があるので

購入する際は気をつけてください。

リアボックスを付けるデメリット

もちろんリアボックスを付けることで起こるデメリットもあります。

ただデメリットとは言うものの、メリットに比べたら些細なことです。

  • バイクの見た目が変わる
  • ハンドリングに多少影響が出る
  • 積載時はちょっと邪魔になることがある

バイクの見た目が変わる

リアボックスを取り付ける最大のデメリットといっても過言ではないのがこれ

バイクの見た目が変わってダサくなる

アドベンチャーバイクのようにリアボックスが似合う車種もあるけれど

そうじゃないバイクの場合はバイクのデザインを損ねてしまうのがネックですね。

この辺りは機能性重視見た目重視かで好みが分かれるので

あなたの考えや乗っているバイクに合わせて決めてください。

ハンドリングに多少影響が出る

タンデムしたことがある人ならイメージしやすいと思いますが

バイクって後方に重たいものを載せると重心がズレていつもより運転がしずらくなります。

といっても人とボックスに詰める程度の荷物では重さが違いすぎるので

そこまでハッキリと影響が出るわけではないので安心してください。

また、この辺りは”慣れる”ことで気にならなくなります。

写真のような荷物増し増しの状況でも慣れたら普通に運転できましたし

リアボックス程度なら数分走るだけですぐに慣れます。

それと大きいリアボックスで注意しておきたいことは「横風の影響」

バイクは何も乗せていない時でも横風の影響は受けますが

ボックスをつけることで”風に当たる面積が増えてしまう”ので

強風時の運転はいつも以上に気をつけてください

ツーリングバッグ等に干渉してしまう

これはちょっと特殊なパターンですけど、シートバッグを使う人は知っておくといいと思います。

キャンプなど行くときに大きなシートバックをつけようとするとお互いに干渉してしまって

シートバックがうまく固定できないなんてことがありました。

かきぴー

これは特殊なパターンなので
一部の人にとってのデメリットですね。

リアボックスの選び方

  • 〜30L:通勤・通学・買い物などの日常使い
  • 〜40L:日常使いからリングツーリングまで幅広く対応
  • 〜50L:1泊2日くらいのツーリングに向いてる
  • 50L〜:キャンプや長期間のツーリングにも対応できる

※収納するヘルメットや荷物によって変わります。

買い物などの日常使いなら30ℓ前後

買い物等の日常使いなら
30ℓ前後のリアボックスで十分使えます

特にスクーターならシート下のスペースや足元にフックがあるので
30ℓのボックス一つあるだけでかなり便利になります。

〈30Lボックス収納量の目安〉
フルフェイスヘルメットが一つ入る程度

  • しっかりしたものが欲しい→GIVI
  • 価格を抑えたい→SHAD

あたりがオススメです!

こだわりはなくて、使えたらOK的な感じであれば
探すと3,000円くらいで売ってるのでそういうのでも全然使えます。(耐久性や保証はわかりませんが)

日帰りや1泊2日ツーリングなら40ℓ前後

250cc以上のバイクであればこのくらいのボックス容量を選んでおくと
困ることはないでしょう。

日帰りやツーリングや1泊2日程度のツーリングであれば40ℓ前後で十分対応できます

〈40Lボックス収納量の目安〉
フルフェイス1つ+小物
通学用の30L程度のリュックならすっぽり入ります。

あたりが有名メーカーで安心してつけるボックス

40ℓ前後のボックスも1万円以下で買えるものもあるので
どちらを選ぶかは予算や好みで変わります。

キャンプや旅には50ℓ以上の大容量

キャンプや数泊のツーリングなら50ℓ以上あると中に荷物を入れて自分は背負わずに運転できます。

荷物の積み方の例としては

  • テントや薪、マットなどの重い物や長い物はリアシート
  • 小物や途中買い出しした食料などをリアボックス内
  • すぐに降り出して使いたいものをボックスに上に固定

といった使い方もできます。

〈50Lボックス収納量の目安〉
フルフェイス2つ+小物

50ℓ以上の大容量リアボックスはアドベンチャーバイクやツアラーのような
大きいバイクでよく見かけます。

日本一周のような長期間のバイク旅に関してはリアボックスよりも
ホームセンターで売ってる箱(通称:ホムセン箱)が
よく使われています。

ちなみにバイクにホムセン箱を乗せるときは
リアキャリアを加工したり、荷締めベルトなどで固定する必要があります。

まとめ

今回の内容をまとめまめす。

リアボックスのメリット
  • 収納量の増加
  • 防犯対策
  • 防水なので荷物が濡れない
  • 背もたれになりタンデム側の人が楽
リアボックスのデメリット
  • バイクのデザインを損なうことがある
  • ハンドリングに多少影響がでる(慣れたら大丈夫)
  • ツーリングバッグ等に干渉することがある
選び方
  • 日常使いなら30L前後(フルフェイス1個程度)
  • 日帰り〜1泊程度なら40L前後(フルフェイス2個+小物程度)
  • キャンプやロングツーリングなら50L以上(フルフェイス2個+小物程度)

リアボックスは見た目はダサいけど使ってみるとかなり便利でもう手放せないです。

僕はボックスをつけたおかげでリュックを背負わずにツーリングへ出かけたり
ツーリング先で買ったお土産を入れるのにかなり重宝しています!

「今のままだと収納スペースがなくて困る」
「毎回ヘルメットを持ち歩くのが大変」
「突然の雨でも荷物を濡らしたくない」

もしこういった悩みが一つでもあるのでなら一度リアボックスを試してみてはどうでしょうか

使用テーマとオススメクレジットカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
日本一周中にブログを始めるも旅中更新が難しくやめる。旅が終わって新しく「モトカン!」を立ち上げ1年間バイクについて発信するも挫折。
2022.01から仮想通貨にジャンルを変えて「月1万円から始める仮想通貨投資」について実体験を元にこれから仮想通貨を始めたい人に向けて発信しています。

目次
閉じる