※SWELLへテーマ移行につき調整中※

【初心者でも簡単?】エストレヤをダブルシート→シングルシートへ変更の仕方

「ダブルシートからシングルシートに変えたい」

「シングルシートにちょっと興味がある」

「変えてみたいけどどうやったらいいかわかならい」

そんなあなたのためにこの記事を書いています。

 

エストレヤのシートの交換っていうとどこか難しいイメージがありますが、実際やってみるとそこまで難しくなく交換できます。

今回は僕が乗ってるエストレヤをシート交換した時の手順や必要な工具などをまとめていきます。

 

こんな方におすすめ

  • ダブルシートからシングルシートに変えてみたい
  • シート変更に必要な工具が知りたい
  • シート変更のためのパーツが知りたい
かきぴー

はいさい!かきぴーです。
TwitterInstagramやってます。お問い合わせはこちら

 

注意ポイント

この記事を参考に作業をする際は自己責任のもと行うようにお願いします。

 

そもそもシングルシートってなに?という方のために、この記事でいうシングルシートを説明すると

こういったシートのことを言います。

  • 見た目にクラシック感が増す
  • ポジションがタンク寄りになり若干窮屈さを感じる
  • 後に乗る人にシートが小さくなる

といった特徴があります。

 

目次

必要なパーツリスト・工具

パーツリスト

シングルシートにするために必要なパーツは

  • 交換用のシングルシート&リアシート ※ヤフオクで購入
  • ダンパ (92075-1598)¥352
  • ダンパ(92075-1629)¥197
  • カバーシートLWR(14090-1210)¥1,375
  • ストッパーローシートカバー(32085-1355)¥396
  • ロックアッシツールボックス(27016-5136)¥3,542

今回はシート側にステーやボルトが付属していたので、これだけのパーツを追加購入しましたが、場合によってはさらに追加で購入する必要があります。

なので、シートを中古で購入する場合はステーやボルトがセットになってるものを選びましょう。

もし購入したのがシート本体のみだった場合は写真のの部品とツールボックス開閉用の鍵が必要となります。

 

エストレヤの純正部品の注文ができるページはこちら

※ロックアッシツールボックスだけは「イグニッションスイッチ」という項目にあり、

他にも4種類ほど鍵があるので選び間違えないように注意

工具

  • 六角レンチ(4mm)
  • 六角ソケット(7mm,8mm,10mm,12mm)
created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥3,188 (2021/10/17 19:36:58時点 Amazon調べ-詳細)
かきぴー

※今後いろんな場所のメンテナンスを考えているなら、
ソケットは幅広く対応できるものがオススメです。

シート交換作業

パーツが揃ったら交換作業をしていきます。

 

1.ロングシートの取り外し

まずはダブルシートを外します。

外し方はとても簡単!

左足側のタンクとシートの間にあるキーシリンダーに鍵を入れて捻り、シートを後ろから持ち上げるだけ。

これがキーシリンダー

キーシリンダー・ステーの取り外し

タンクをずらすと六角ボルト(4mm)2本を外し、タンク固定していたボルトのすぐ下にあるボルト(7mm)も外します。

この4本を外せばキーシリンダーが外れますが、キーシリンダーは外さずに一旦置いておきます。

次にリアフェンダーに付いているステーがキーシリンダーとワイヤーで繋がっているので、これも外していきます。

3本のボルト(10mm)で固定されているので、このボルトを外していくんですが、ここで一つ注意点があります!

写真中央に見える半透明のパーツ

これがボルトを外すと一緒に外れるので新品に交換しない場合は無くさないようにしましょう!

ステーを固定してるボルト3本それぞれについています。フェンダー後ろ側に付いてるボルトはステー下にあって上から見えないのでステーを外すときは特に気をつけて外します。

リヤフェンダーからステーを外せたら

車体からキーシリンダーと一緒に取り外します。

※この時、キーシリンダーがフレームに引っかかって外しにくいことがあるので注意してください。

シート下カバーの取り付け

ボビンのような形のダンパを取り付けます。

取り付ける時はちょっと無理矢理力でねじ込む形になるので間違ってちぎったりしないように注意してください。

次は別のダンパを取り付けていきます。

これも取り付けはねじ込むようにするので、くびれてる部分をちぎってしまわないように気をつけてくださいね!

二つのダンパを取り付けたら、ヒューズボックスを隠すために上からカバーを取り付けます。

カバーは鍵で固定するタイプなので、先に鍵を取り付けましょう。

シート固定用パーツの取り付け

カバーの取り付けができたら、次はシートのクッション的役割になるスプリングを取り付けます。

取り付ける順番は画像を参考にしてください。

取り付け完成した形は画像の通り。

取り付けの時にスプリングが動いたりしますが、そういうものなので気にしないで大丈夫!

取り付けがうまくできたらメインシートを取り付けていきましょう。

メインシートの取り付け

メインのシートを取り付けるためには、まず固定するためのステーを取り付けます。

ステーはボルトで固定されてるだけなので簡単に取り付け・取り外しができます。

メインシート前方裏にある爪をシートステーに差し込んだ

次は裏にあるボルトを固定します。

シートを固定してるボルトは6mmなのでもし無くしてしまった時でも

ホームセンターに行けば予備のナットを入手できますよ。

タンデムシートの取り付け

タンデムシートはステーをボルト3本でまず固定します。

ステーの向きはボルトが前2本・後ろ2本なので間違えることはないと思います。

メインシートの時と同じようにシート本体裏に爪があるので

それをステーに引っ掛けて取り付けます。

あとはシート前方にボルトを差し込む部分があるので、2本差し込んで固定したらタンデムシートの取り付けは完了です!

おわりに

今回は「ロングシートからシングルシートへの交換方法」を紹介してきましたが

逆にロングシートへ交換したい方は今回と逆の手順で作業をすれば交換することができます。

キャンプなどでシートの積載したいなら表面積の多いダブルシートがおすすめ

クラシックなスタイルにしたいならシングルシートでメインだけを取り付けるというのもありです。

ダブルシートもシングルシートもどちらもメリット・デメリットがあるので

あなたの思うカスタムに合わせてどちらか選んでみるといいですね!

それでは楽しいバイクライフを!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる