※SWELLへテーマ移行につき調整中※

ブログをするならデュアルディスプレイにする4つのメリット

MacBookでブログを書き始めて1ヶ月半ほど経ちました。

だんだんと13インチの面で作業にやりずらさを感じてるとき

知り合いのブロガーから「デュアルディスプレイにして画面を広くすると作業しやすいよ」

とオススメされたので、良い機会だしディスプレイ増設しました。

 

今回はその感想も含めてデュアルディスプレイにするメリット/デメリットを紹介していきます。

 

この記事でわかること

  • デュアルディスプレイのメリット/デメリット
  • 使用してるディスプレイ/PCアーム/HDMI変換ケーブル
かきぴー
かきぴーです!TwitterInstagramやってます。

 

お問い合わせはこちらから

 

 

メモ

出先でノートパソコンの画面を高くしてストレートネックを対策するオススメの方法についてはこちらで解説しています。

あわせて読みたい
【ストレートネック対策】世界最薄1.7mmのノートPCスタンド「Majextand」がめっちゃ便利 ブログを本格的に書き始めてからというもの、 肩や首の慢性的ない痛みが今まで以上に酷くなってる気がする。 「ストレートネック」や「スマホネック」という言葉がある...

 

 

 

目次

13インチ画面だと作業するには足りない

13インチのMacBook Airでブログを書いてると画面の広さは足りないわけじゃないけど、

どうしても複数のブラウザを開いて作業するときは画面を切り替たりする必要がある。

一つひとつは小さなストレスでも、積み重なることで作業効率に悪影響が出てしまっていたので、今回知り合いのブロガーさんからオススメされたこともあってデュアルディスプレイを導入してみました。

 

デュアルディスプレイのメリット

デュアルディスプレイにして感じたメリットは4つ

  • 同時に表示できる情報量の増加
  • 視線を高くする事によるストレートネック対策
  • 作業ストレスの軽減
  • 机の上のスペースを有効活用

 

同時に表示できる情報量の増加

13インチの画面だとブログ書きながら調べ物や画像の用意をするとき

「このブラウザ小さくしなきゃ」
「ここ被って見えないから一度下げておくか」
「下書きでここなんて書いてたっけ?」

と一つの画面上で何度もブラウザを切り替えて作業しないといけませんでした。

これがデュアルディスプレイにすることで複数のブラウザを開いたまま作業を行うことができ、いちいち切り替える必要がなくなりました

僕の使い方としては

メモ

大型のディスプレイ:ブログ編集と調べ物用

MacBook:下書き、マインドマップ(ブログの流れを確認するため)

iPad:サムネイル作成、作業中の音楽用(ヘッドホンはAnker Soundcore Life Q30)

 

この同時にたくさんの情報が表示できるのが作業を切り替えるときに画面も切り替える必要がないのでかなりストレス軽減に繋がってます。

 

ストレートネック対策

ノートパソコンを使う姿勢が首や肩に悪いというのはMajextandを紹介した記事で説明しているんですが、デュアルディスプレイはストレートネック対策にも効果的です。

画面が大きくなることで、視線がノートパソコンを使ってるときよりも上がり、さらにディスプレイアームを使うことでより自然な角度での作業が行えます。

 

Majextandのときは画面を13cm高くできたけれど、

デュアルディスプレイにしアームで20cmほど高くできたおかげでかなり首が楽です!

 

作業ストレスの軽減

MacBookで作業をしてるときって

  • 何度も画面を切り替えないといけない
  • 画面にブログの操作画面を全部入れると文字入力画面が狭くなる

などの”ちょっとしたストレス”があってイラッとすることが多々ありました。

特にブログ作業でのことですが

赤線の部分を画面に入れると、入力画面が狭くなり
かといって入力画面を広く取ると赤線の部分が画面から消え毎回ちょっと下へスクロールする手間が増える。

最初はなんとも思ってなかったけど何度も繰り返すうちに「これ全部収めつつ入力画面を広くしたい」と思うようになっていきました。

特に思ったのは「メディアを追加」というボタンが隠れてしまうこと。
僕はブログ内に必ず写真や図を取り入れているけど、このボタンが隠れてしまうことで余計な手間が増えてしまい地味にストレスを感じていました。

それが今では大きい画面でデュアルディスプレイにしたことでストレスなく作業を行うことができています。

 

机の上のスペースを有効活用

これはデュアルディスプレイというより、ディスプレイアームを使っていることのメリットになります。

ノーソパソコン本体やディスプレイをアームで持ち上げることによって
机の上のスペースを活用しやすくなります。

僕の場合は机の上にワイヤレスキーボードを置いてますが、使わないときは横に下げたりMacBookの下に置いたりしています。

そして空いたスペースで本やノートを広げて勉強机にしたり、iPadのためのスペースに充てたりしています。

 

デュアルディスプレイのデメリット

その一方でデュアルディスプレイにはデメリットもあります。

主なデメリットは2つ

  • 場所をとる
  • コスト(初期投資)がかかる

ということ。

 

机の場所をとる

メリットで「机の上のスペースをが有効活用できる」と言いましたが、
逆にデュアルディスプレイはそれ以外の場所を必要とします。

ノートパソコン1台で済んでいた場所に追加で大きなディスプレイを設置するので人によっては若干圧迫感を覚えるかもしれません。

 

そのため、少しでもスペースを活用するためにディスプレイアームを使用して机の上を活用できるようにすることをオススメします。

 

コスト(初期投資)がかかる

ノートパソコンの他に

  • ディスプレイ
  • HDMIケーブル
  • ディスプレイアーム

を用意しないといけないのでコストがかかってきます。

また使ってるノートパソコンによってはHDMIの端子が用意されていないこともあるので、別でアダプターを用意しないといけない場合があります。

僕が使ってるMacBook Airがまさにそうで、MacBook AirにはUSB-Cの端子が2つしかありません。なのでHDMIケーブルをディスプレイに繋ぐためには変換器が必要になります。

※ケーブルによってはアダプターを介さずディスプレイに繋げるものもあります。

 

選ぶディスプレイにもよるけれど僕の場合はだいたい2.3万円ほどで揃えました

 

使用してるディスプレイやアーム

ディスプレイ:Dell ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721HS

デュアルディスプレイに使用しているのは「Dell ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721HS

 

基本情報

パネルタイプ-IPS

アスペクト比 – 16:9

実効解像度-Full HD(1080p) 1920×1080 @75Hz

応答時間-8ms(GtoG典型),5ms(GtoG高速),4ms(GtoGエクストリーム)

入力コネクタ-HDMI×2

本体サイズ-60.99cm × 18.68cm × 45.33cm(スタンド含む)

VESA互換100 × 100 mmマウント対応

DELLの製品は大手通販より公式サイトの方が安く買えることがあるので、購入を検討するなら一度両方チェックしてみてください。

 

僕の買ったこのディスプレイは定価30,800円

Amazonだと23,800円のところ、
DELLの公式HPから18,784円とほぼ半額に近い価格で手に入れました。

 

 

ディスプレイアーム:HUANUO 2in1 モニターアーム 

(ちょっと見え辛くてごめんなさい)

使ってるディスプレイアームは知り合いブロガーさんからのオススメされた

HUANUO 2in1 モニターアーム ノートパソコンアーム

価格が5,000円以下とかなり手頃な割にしっかしている製品です。

最初はガス圧式のアームを買おうと思っていたけれど、どれも1万円近くするので予算の都合上こっちを買ってみました。

 

使ってみた感想を言うと「かなりコスパの良い商品」

真横に伸びるタイプのアームなので耐久性に不安はあるけど、最初の1台目としては十分使えるので”少しでも安く、かつ使えるものが欲しい”という方にはオススメできます。

基本情報

画面の調整角度:上下左右に90°、360°回転

アームの調整:左右90° (上下へは支柱のクランプ部分で調整可能)

対応ディスプレイ:13〜27インチ

対応ノートパソコン:15.6インチまで

耐荷重:約10kg

VESA規格:75×75mm 、100 × 100mm

取り付け方法:クランプ式、グロメット式

 

HDMIケーブル:USB Type-C to HDMI変換ケーブル

MacBook AirにはHDMIケーブルを直接繋げるポートがないのでディスプレイと繋ぐためには

  1. 変換アダプターを使う
  2. USB-C to HDMI(写真のタイプ)を使う
  3. USB-C対応のディスプレイを買う

の3つの方法があります。

1はオーソドックスやタイプで変換器を用意しないといけないのでコストが若干増えます。

3はUSB-Cに対応してるディスプレイが高額で同じ27インチでもディスプレイ本体の価格が2,3万円は上がるので予算に余裕がないと厳しい。

ということもあって、一番手軽でコストがかからない2を選びました。

 

いろいろ迷って選んだのはメーカーのよくわからないケーブル

USB Type-C to HDMI変換ケーブル

一応「Tuwejia」とうブランドと記載はありますが、調べても出てこないので有名なところではないんだと思います。

 

まとめ

  • ブログの作業効率を上げたいならデュアルディスプレイがオススメ
  • デュアルディスプレイのメリットは4つ
  • 同時表示できる情報量の増加」「ストレートネック対策
  • 作業ストレス軽減」「机の上を有効活用
  • デメリットは2つ
  • ディスプレイを置く場所をとる」「コストがかかる

今回はブログの作業環境を良くするためにデュアルディスプレイ化をしてみたので

デュアルディスプレイのメリット/デメリットをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

デュアルディスプレイはブログの作業効率アップの他にも
動画編集や同時に複数の情報を表示しながら作業する方にはオススメです。

今の環境に物足りなさやストレスを感じているなら選択肢の一つとしてデュアルディスプレイを検討してみてください。

 

〈合わせて読みたい〉

あわせて読みたい
【ストレートネック対策】世界最薄1.7mmのノートPCスタンド「Majextand」がめっちゃ便利 ブログを本格的に書き始めてからというもの、 肩や首の慢性的ない痛みが今まで以上に酷くなってる気がする。 「ストレートネック」や「スマホネック」という言葉がある...
あわせて読みたい
【1ヶ月レビュー】Majextandを使って気づいた点やオススメできる人について 僕はブログや動画編集にMacBookairを使って作業をしているんだけど、 座高が高いこともあって画面がかなり下にきて首や肩が慢性的に痛いことで悩んでました。 参考にし...

 


ポイント

このブログは有料テーマ「AFFINGER5(WING)」を使用して書かれています。

こんな方におすすめ

  • 自分で自由にカスタマイズできるサイトが作りたい
  • アフィリエイトやブログに使えるテンプレートが欲しい
  • スマートフォンでも見やすくSNSも活用したい
  • 複数のサイトでも使える機能満載なテーマが欲しい

AFFINGERは機能がかなり豊富なので初心者が使うこなすにはかなり時間のかかるテーマですが

”そこそこ使えるようになる”程度なら2〜3ヶ月も使っていれば大丈夫です!
(もちろん個人差はあります)

AFFINGER5についてはこちらからチェックできます。


 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる