【スクショで解説】仮想通貨やNFTを送る方法|これでGiveawayも安心!

・NFTや仮想通貨を送ってみたいけどどうやるの?
・Giveawayやってみたいけど送り方がわからない

こんなお悩みにお答えしてしてきます!

本記事でわかること
  • 仮想通貨やNFTを別のウォレットへ送る方法

仮想通貨やNFTを他の人のウォレットへ送り方を覚えていると

誰かにプレゼントするときやGivreawayを開催するときに役立ちますので覚えておきましょう。

この記事を書いた人
  • 2020年12月〜バイクブログ1年間継続するも挫折
  • 2022年1月に仮想通貨ブログへ転身
  • 3ヶ月目で月10,000円を達成
  • 6ヶ月目で月40,000万円を達成
  • 月1万円から始める仮想通貨投資について発信
目次

【3ステップ】仮想通貨の送り方

  1. 送りたいウォレットアドレスをコピー
  2. メタマスクで送金先のアドレスをペースト
  3. ガス代を確認して送金

今回はぼくのメインウォレット→サブウォレットへの送金手順を参考に解説していきますが

他の人のウォレットへ送るときも手順は変わらないので参考にしてみてください。

ステップ1:送りたいウォレットアドレスをコピー

まずは送金したいウォレットのアドレスをコピーします。

他の人へ送るときはDMなどでウォレットアドレスを送ってもらいましょう。

かきぴー

アドレスは1文字でも間違うと
セルフゴックスするので要注意!

※セルフゴックスとは:アドレスなど間違えたりパスワードを忘れたりして、自分のお金が取り出せないorネットの海に消えてしまうことをいいます。

ステップ2:メタマスクへ送金先のアドレスをペースト

ウォレットアドレスをコピーできたら、メタマスクを開いて「送金」をタップします。

ウォレットアドレスを入力するところがあるので、ペースト(貼り付け)します。

「新しいアドレスが検出された」と表示されるので、送りたい金額を入力し「次へ」をタップします。

ステップ3:ガス代を確認して送金

ガス代(手数料)の見積もりが出るので、問題なければ「確認」をタップ

アクティビティから送金状況をチェック。

保留中が日付に変わったら送金完了できてます。

無事に送金できるか送金先のウォレットを確認してみましょう。

かきぴー

金額が増えていてたら送金完了です。

ちなみに送金できているかはブロックチェーンのトランザクションからもチェックできます。

アクティビティからチェックしたい送金履歴をタップし、

ブロックエクスプローラーで表示をタップするとトランザクションの履歴がみれます。

NFTの送り方

NFTを送るときも操作はほとんど同じになります。

  1. 送りたいNFTのページを開く
  2. Transferから送り先のウォレットアドレスを入力
  3. ガス代確認して送信

ステップ1:送りたいNFTのページを開く

OpenSeaのプロフィールから送りたいNFTのページを開き

右上にあるアイコンから三角形の「Transfer」を選びます。

ステップ2:Transferから送り先のウォレットアドレスを入力

Adressの下に送り先のウォレットアドレスを入力して「Transfer」をタップ

ステップ3:ガス代を確認して送信

ガス代画面が出るので確認して大丈夫なら「確認」をタップします。

「Your transfer is processinh・・・」と表示されるのでしばらく待ちます。

「Your transfer is complete!」の文字が出たらNFTの送信完了です。

NFTのオーナー名が相手に代わって、Item Activityで相手にTransferされていたら無事に送れています。

かきぴー

最初は不安だと思うので
サブでウォレット作って練習してみるといいですね。

ウォレットの作り方はこちらから参考にしてください。

>>>【ウォレット】Metamask(メタマスク)をインストールする手順を解説

以上で仮想通貨・NFTの送り方解説を終わります。

使用テーマとオススメクレジットカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

27歳NFT仮想通貨ブロガー|日本一周の経験からバイクブログを1年続けるも月5000円程度で消耗|「投資ってなに?」状態から友達のすすめで仮想通貨をはじめたことをきっかけに仮想通貨ブログへ転身|同じように知識ゼロだけど仮想通貨をはじめたい人に向けてブログを書いてます|2022年2月からNFT沼にハマる

目次