【〜12月2日】Amazonブラックフライデーセール開催中!対象商品を確認する→

【ストレートネック対策】世界最薄1.7mmのノートPCスタンド「Majextand」がめっちゃ便利

ブログを本格的に書き始めてからというもの、
肩や首の慢性的ない痛みが今まで以上に酷くなってる気がする。

「ストレートネック」や「スマホネック」という言葉があるくらい
パソコンやスマホを操作する姿勢は首や肩への悪影響がすごい。

今回は僕と同じような悩みを抱える人に向けて

どこでも簡単にパソコンの高さを調整して首や肩への負担を軽減できる
アイテムを見つけたので紹介していきます!

かきぴー
かきぴーです!TwitterInstagramやってます。

お問い合わせはこちらから

目次

首や肩の痛みはストレートネックが原因?!

あなたは長い時間ずっとノートパソコンやスマホを使ってると、首が痛くなったり
肩が凝ったりして辛い経験をされたことはなだろうか?

これはノートパソコンやスマホの画面の位置が低くて、無意識に下を向いてしまうことによって

引き起こされる”ストレートネック(またはスマホネック)が原因の可能性がある。

ストレートネックの悪影響

ストレートネックとは本来は緩やかなカーブしている首の骨(頚椎:けいつい)が画像のように
真っ直ぐになってしまうこという。

ストレートネックになると

  • 肩凝りや首の痛み

が代表的な症状ですが、放置して悪化すると

耳鳴りやめまい、頭痛、自律神経失調症、手足の痺れなどが起こる可能性がある。

僕も毎日のようにパソコンやスマホを常に触っているのでストレートネックだろう。

ノートパソコン使用時の姿勢を改善

ノートパソコンの画面が低いなら高くしちゃえばいいじゃない

家でなら写真のようにノートパソコンを別のディスプレイにつないで
ディスプレイをアームなどを使って自然な姿勢で見れる位置まで持ってきて
しまえばいい。

でもさすがに外ではこれはできないし、
ディスプレイにアームにと出費も大変…..もっと気軽にできる対策ないものかと
探してる時にとあるブログで紹介されていたMajextandを見てモトカン!でも買って
みたので紹介します。

かきぴー
見つけた時これだ!と思ってすぐにポチってました。

世界最薄スタンド「Majextand」

ノートパソコンのスタンドっていろんな種類が発売されていて
たくさんのブロガーやYouTuberが自分のお気に入りのスタンドを紹介しているけど
正直、持ち運びがしやすいとはいえどれも”本体とは別”というものばかりだった。

それだと嵩張るしパソコンを外で使うことを考えたら用意する手間もある。

今回購入したONEDのノートパソコンスタンド「Majextand」は世界最薄というだけあって

本体の厚さはなんと「1.7mm」
これは500円玉硬貨よりも薄い

縦横の長さも14cmしかないのでパソコンに携帯性は抜群にいい

パソコンにつけてることを忘れてしまいそうなほどの薄さ

こんなに薄いのし機能もしっかりしていて

画面の高さを13cmまで高くしてくれる。
この薄さでこの機能性は本当にすごい

※ケースを取り付けてるのと、Majextandの取り付け位置で若干変動する

Maejxtandの取り付け方

Majextandは裏面に元から両面テープが2枚ついているので
これを剥がしてノートパソコンに貼るだけ。

もし貼り方を失敗しても大丈夫なように
ケースにはもうひと組両面テープが用意されている。

本体に直接貼ることに抵抗がある場合は僕のようにパソコンにケースを取り付けてから
貼るといいですよ。

ただその分厚さや重さが若干増えるので気にならない方は
直接本体に貼り付けることをオススメします。

そのままだとMajextand使用時にノートパソコンが滑ってしまうので
付属の滑り止めようゴムパッドを貼ります。

ゴムパッドは円タイプのものと写真の長いタイプものが2枚ずつ用意されており
長いタイプを地面との接着する部分貼ることでノートパソコンが滑るのを防いでくれる。

うまく滑り止めを晴れない方はダイソーなどに売ってるこういった
滑り止めマットを活用することでより確実にノートパソコンの滑り防止になります。

Majextandの使い方

肝心のMajextandの使い方はとてもシンプルで

本体中央の窪みに指をかけて左右に引っ張るだけ

高さは6段階で変えられるようになっていて

両サイドにあるつまみ押しながら引き出した部分にある窪みで高さを調整します。

本体を収納する時はつまみを押しながら頂点を下へ押し込む。

片方を収納すると、反対側はつまみを押すだけで重さで勝手に収納される仕組みになってる

Majextandは最大13cm画面を高くできる

使う時は左右から最大まで引き上げて使う。

横から見るとこんな感じ。

かなり角度がついてるのがよくわかる。

一見すると不安定そうに見えるけど、実際はそんなことなく
かなり安定してノートパソコンを支えてくれてます。

高さを測ってみると13cmも高くしていた。

※ノートパソコンにケースをつけていること、Majextandの取り付け位置等で

若干変動します。

タイピングは慣れると特に打ちにくさも感じないけど
どうしても慣れない場合は別でワイヤレスキーボードなどを用意するといい。

ただそうするとせっかくノートパソコン一つで完結していたもののに
荷物が増えてしまうから出先で使う場合はそのまま使う方がいいでしょう。

痛くないうちに早めの対策を!

ストレートネックは痛くなってからでは遅いので

もしあなたがまだ首や肩に痛みや違和感を感じていないのであれば

早めに対策をとることをオススメします。

「後悔先に立たず」というように
痛くなってから対策を考えても遅いので健康なうちから

買っておくほうがいい。

Majextandのまとめ

まとめ

  • ストレートネックは放置すると健康へ障害をきたす
  • ノートパソコンでの作業がいい人はスタンドの使用をオススメ
  • 酷くなってからでは遅いから早めの対策を
  • Majextandは「世界最薄(1.7mm)」のノートパソコンスタンド

ここまで推してきたMajextandの一番のネックは価格

この薄い1枚のスタンドなのに6,000円というのはちょっと躊躇うかもしれない。

ただ、買ってみてわかったけど
この丁寧な作り、機能性・携帯性をみると6,000円するのも納得。

しかもストレートネック対策にもなる。
カフェや図書館など外での作業が多い人ほどこのMajextandはありがたい存在になると思う。

ちなみに今回はMacbook Airで使用しているが
メーカーがいうには

メモ

Apple製だけでなく、Windows製のパソコンであっても
スクリーンサイズが18インチ以下で、底がフラット(平ら)もの

であれば使用することができるらしい。

この記事があなたのノートパソコンスタンド選びの参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます!

僕がMacbook Airに使ってるケースもここで紹介しておきます。
ステッカーを貼りたいけど直接は嫌だなって方はこういったケースの
使用をオススメします。



使用テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる