【怪しい?】BitLendingへ実際に貸し出してみた運用報告ー1か月目ー

はいさい!かきぴー(@kakipi_crypt)です。

本記事ではBitLendingで仮想通貨ビットコインをレンディングしている運用レポートになります。

本記事でわかることは以下のとおりです。

  • BitLendingって?
  • どのくらい稼げるの?
  • レンディングする方法は?

この記事の信憑性↓

この記事を書いた人
  • 2020年12月〜バイクブログ1年間継続するも挫折
  • 2022年1月に仮想通貨ブログへ転身
  • 知識ゼロから仮想通貨ブログ3ヶ月目で月10,000円を達成
  • 6ヶ月目で月4万円を達成
  • 月1万円から始める仮想通貨投資について発信

6月から月1万円ずつビットコインをレンディングしているので

「少額からはじめてみたい」という方には参考になる記事です。

レンディングは自分で持ってるか貸出てるかの違いで、やってることはガチホとほぼ変わりません。

ガチホしてるけど下落相場のときでも稼げる対策が知りたい!という方はぜひ最後まで読んで実践してみてください!

>>>BitLendingでビットコインをレンディングしてみる

目次

BitLending(ビットレンディング)とは

BitLendingはビットコインなどの仮想通貨を「貸したい人」から借りて

「借りたい人(業者)」へ貸し出しているプラットフォームです。

これは銀行をイメージするとわかりやすいと思います。

銀行に預けたお金ってずっとあなたのために保管されているわけではなく

いろんな人へ貸し出されたりするなど銀行の運用に使われてます。

かきぴー

銀行も店舗にお金をずっと
置いておくわけではないですからね💦

BitLendingは仮想通貨で銀行のような運用をしているけど

銀行と違う点は「利率」

普通預金が「0.001%」なのに対してBitLendingは「8.0%」と8000倍の利率になってます。

8000倍なんて怪しい

と思うかもしれませんが、仮想通貨の世界では数百%なんてあるので

そこまで珍しい利率でもないですよ!

成長産業だからこそできる利率ですが、もちろん仮想通貨が暴落したり会社がハッキングされるリスクもあります。

ガチホする分、レンディングする分など運用先も分散しておくといいでしょう!

>>>【1万円から始める】利率8%ビットレンディングへ登録〜貸出までを徹底解説

ビットコイン貸出1ヶ月目の運用レポート

1か月目にBitLendingへ貸し出したビットコインの枚数は「0.0027BTC」

ビットバンクに5万円分ほどガチホしてるビットコインはあるけど

いきなり全部貸し出すのはリスク取りすぎなので

6月の買い増しした分からレンディングをはじめました!

1か月目のレポート
  • 6月のレンディング枚数:0.0027BTC(約7666円)
  • 利率で増えた枚数:0.00000913BTC(約26円)

※7/11日のレートで計算

たった26円かぁ少ないな

と思った人はちょっと待って!!

銀行の普通預金が0.001%だから1万円を貸しても1年で10円しか増えないのに

1か月で26円(1年で312円)ってめちゃちゃ高いですよ。

それに口座の1万円のままだけどビットコインは価格が上下するから

預けた1万円分の価値が1年後には上がってる可能性もあります。(もちろん逆も)

かきぴー

ちなみに高度経済成長期(1974年)では
普通預金が4.32%だったので
BitLendingは倍以上になります。

>>>BitLendingで仮想通貨を貸し出してみる

複利の効果で雪だるま式に増えていく

BitLendingは複利運用なので、貸出で増えた分を来月の貸出分に追加して運用していきます。

え?どういうこと?

と思った方は、こちらを見てください↓

複利運用
  • 1か月目に貸出したビットコイン:0.0027BTC
  • 増えた分:0.00000913BTC

2か月目はこの二つを足して「0.00270913BTC」が貸し出す枚数になります。

1か月目には0.0027BTCを8%運用したけど

2か月目には0.00270913BTCを8%運用していきます。

これは長く貸してるほど雪だるま式に膨れ上がっていくのでより大きく稼げるというわけですね!

もちろんBitLendingでは追加で貸出枚数を増やすこともできるので

毎月の買い増した分をレンディングできます!

BitLending(ビットレンディング)の注意点

BitLendingの注意点はこちら↓

  • 資産の一部からはじめる
  • 送金アドレスを間違えないように何度も確認する
  • 税金の計算を忘れずに

BitLendingも資産運用で投資のひとつなので最初は少額から貸し出してみましょう!

ビットコインの最低貸出できる枚数は「0.001BTC」からです。

レンディングするときは取引所からBitLendingへビットコインを送金しないといけないので

送金先のアドレスは絶対に間違えないよう要注意ですっ!!!!!!

さらに現状の税制ではレンディングで稼いだ分も課税対象なので

スプレッドシートなどを使って記録残しておきましょう。

かきぴー

送金アドレス間違えると
戻ってこないのでほんとに注意してくださいね!

>>>BitLendingアカウント登録してレンディングする

BitLendig(ビットレンディング)のやり方

BitLendingでレンディングする方法はかんたん!

  1. BitLendingへアカウント登録
  2. 送られてくる送金アドレス宛にビットコインを送金
かきぴー

2ステップで初心者でも
かんたんにレンディングはじめられますよ!

注意するところは上でも話したように「送金先のアドレス」を間違えないようにすること!

ここだけ注意していれば大丈夫ですよ。

詳しい登録方法や貸出のやり方はこちらの記事でくわしく解説しているので、参考にしてください↓

>>>【1万円から始める】利率8%ビットレンディングへ登録〜貸出までを徹底解説

使用テーマとオススメクレジットカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

27歳NFT仮想通貨ブロガー|日本一周の経験からバイクブログを1年続けるも月5000円程度で消耗|「投資ってなに?」状態から友達のすすめで仮想通貨をはじめたことをきっかけに仮想通貨ブログへ転身|同じように知識ゼロだけど仮想通貨をはじめたい人に向けてブログを書いてます|2022年2月からNFT沼にハマる

目次