【〜12月2日】Amazonブラックフライデーセール開催中!対象商品を確認する→

【日本1周】Day34:世界遺産「白川郷」へ泊まろう!

はいさい!ぐすーよーちゅーがなびら!

昨日は岐阜のマチュピチュを見たので今日は世界遺産の「白川郷」を見にいきます。

そのあとは石川方面まで走る予定です。

 

かきぴー
かきぴーです!TwitterInstagramやってます。

お問い合わせはこちらから

 

目次

34日目白川郷へ

白川郷へ行く前に「君の名は」のモデルの一つになったといわれてる

気多若宮神社(けたわかみやじんじゃ)

へ向かいます。

気多若宮神社へ到着!

そのモデルになったという場所が

この階段部分らしんだけれど、正直いまいちピンんとこない…。

滋賀であったけいおん!のモデルみたいにはっきりわかるかと思ったけれど、選んだ場所が場所だけにちょっとわかりにくすぎたみたい(笑)

「君の名は」のモデルはいくつかある中でも、有名なのはタクシー乗り場と口噛み酒を供えていた島に似ている青ヶ島というところかなと思う。青ヶ島は個人的にめっちゃ行きたいところなので今後行く機会があればいってみようと思います。

 

神社を一通り見て回ったので、今日のメイン「白川郷」へ向かいます。
世界遺産にもなって有名な場所なだけあって駐車場には何台もの大型観光バスが並び、県内外からの観光の車が駐車場に並んでました。

村へ続く橋には「これ定員オーバーで落ちるんじゃないの?」って思うくらいの観光客が….

橋は横から見ると曲線を描くよう架かっていて、特に支えがあるわけでもないので本当に崩れてしまいそうで不安でした(汗)

沖縄にはない独特な雰囲気のある場所で歩いてるだけでも楽しめる場所でした!

マンホールの柄も白川郷になってる!

村からちょっと離れたところにある展望所からは白川郷を一望できるようになっていて、車で行くことも村から歩いてのぼることもできます。

白川郷は「ひぐらしのなく頃に」というアニメのモデルにもなっている場所で、観光の他にも多くのアニメファンが聖地巡礼に訪れるのだとか。

僕もアニメは見たことありますが、あれはかなり過激な表現があるので閲覧注意です。

村を歩いてるると「民宿」の文字が目に止まり

「え?白川郷って泊まることも出来んの?!」とスマホで調べてみると観光の一環として何件か民宿があるらしいことがわかったので、急遽予定を変更して泊まって見ることに。

そうと決まれば民宿を探して片っ端から電話or突撃!

「全然空いてない…….」

 

6件電話もしくは玄関を叩いてみるもお休みの日か既に満室(泣)

けど泊まってみたいので諦めずに7件目民宿「久松」へ行ってみると

 

空室がありました!!!!

というわけで人生初の世界遺産白川郷で一泊!

ちなみにお値段は1泊9000円

お財布的にはかなりきついけど、次いつ訪れるか分からないのでここは出し惜しみせずにいきます。

お部屋はこんな感じで綺麗な和室でした!

ご飯食べるお部屋には囲炉裏?がおいていて冬にはこれを使って暖をとるらしい。

何気なく壁に視線をやるとそこには

火縄銃…..?!

飾り物かなと思い女将さんに「火縄銃とか飾ってるんですね〜」と言うと、

「今はもう使えないけどあれ本物だよ」と…..。

まさかの本物(笑)

 

できれば持ってみたかったけど、さすがにそこまではお願いできず。(今思えば言うだけ言いてみればよかったと後悔)

晩御飯はこんな感じ!

めちゃめちゃ豪華!!

どれも美味しくて満足でした。

 

まさか人生で世界遺産の白川郷に泊まる日が来るとは思いもしなかったですよほんと。

明日は朝早く起きて早朝の白川郷を満喫しようと思います!

 

白川郷は毎年冬に数日だけライトアップするんですが、あれ村の人たちの完全なボランティアらしいです。その時期になるとどこの民宿も予約でいっぱいでなかなか泊まれないんだとか。
泊まる人はほとんどが外国の方で、日本の人は車でこれるからあまり泊まることがないらしい。
真冬の積もった白川郷も一度見てみたです。

 


〈次の日〉

あわせて読みたい
【日本1周】Day35:日本で唯一走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」 はいさい!ぐすーよーちゅーがなびら! 前回は岐阜の白川郷に民宿があるのを知って急遽予定を変更して民宿「久松」に1泊してました!     【白川郷の早朝風景...

〈前の日〉

あわせて読みたい
【日本1周】Day33:日本のマチュピチュ?!岐阜の天空茶畑 はいさい!ぐすーよーちゅーがなびら! 日本1周32日目は岐阜を回っていくよ     【32日目岐阜の観光】 朝、寝ていた道の駅で撤収作業をしていると https://tw...

 

使用テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる