【〜12月2日】Amazonブラックフライデーセール開催中!対象商品を確認する→

【日本1周】Day53:長野県安曇野市を観光しにいきます!

はいさい!ぐすーよーちゅーがなびら!

今日は群馬県から離れて長野へルートを戻して北上していきます。

群馬県も色々見たいところはあるけど、ここは復路で寄ろうと思っているので今は先へ先へ

 

かきぴー
かきぴーです!TwitterInstagramやってます!

お問い合わせはこちら

 

目次

安曇野市へ

一晩止まったキャンプ場を後に長野県へ向かいます!

まずはルートの途中にあった「碓氷峠(うすいとうげ)」の碓氷第3橋梁へ

碓氷第3橋梁(通称:めがね橋)

橋手前に数台止められる駐車スペースがあったのでバイクを止めて橋を見学

メモ

碓氷第3橋梁は明治25(1892)年に完成したレンガ作りのアーチ橋

この形を採用したのはこの碓氷第3橋梁が初らしく、高さ31m・長さ91mと日本国内でも最大級の大きさを誇ります。

使用したレンガは200万個を超え、現在橋梁は第2〜第6までの5つが残っており、国の重要文化財に指定されています。

橋手前の駐車スペースは3台ほどしか止められないので、満車か駐車が不安な方は少し上にいった方に整備された駐車場があるので、そちらの利用をオススメします。

第3橋梁を見たとは軽井沢までの曲がりくねって濡れた路面をひたすら走ります。

乾いていたらまだよかったけど、濡れてる曲がりの多い道は本当に恐怖でしかない….。

しかも荷物増し増しは不安が3割り増し!

 

しばらく走ってると

日本一周初の野生のキツネとすれ違いました!!

キツネはエキノコックスとかの関係で近寄らない方がいいらしいですね。

 

そのまま軽井沢を抜けて向かったのは「上田城」

ここは駐車場を探すのに2周くらい城の周りをぐるぐるしてました(笑)

そこで見つけたのが写真の場所

ここなら”無料”で止めることができました!

バイクスペースもしっかり確保されているので、上田城を訪れるときはここの駐車場がオススメ!

上田城はアニメ「サマーウォーズ」に出てくる栄おばあちゃんのお屋敷の門が

この「東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん)」がそっくりでモデルになったのでは?と言われています。

しばらくお城を観光して満足したら今日初のご飯へ

ほんと旅してると移動と観光を優先してご飯を後回しにする癖を治さないと(結局治らないけど)

お昼ご飯はインスタグラムで教えてもたっらカフェ「茶房パニー」へ

ナビを頼りに走ってもそれらしいお店が見つからず最初は「本当にここであってる?!」って不安になりつつもなんとかたどり着きました!

中に入ってみると落ち着いた雰囲気の場所で夫婦やカップルでくるといいところかなと思います。

ケーキセットやご飯など色々あったけれど、パンが食べたい気分だったので「パンとサラダセット」を注文

めちゃめちゃ美味しかったです!

ただ駐車場があまり広くはないので時間帯によっては入れないことがあり得そうです。

 

お昼を食べた後は、安曇野市にある格安キャンプ場「かじかの里公園キャンプ場」へ向かいます。

メモ

〈かじかの里公園キャンプ場〉

利用期間:4月1日〜11月30日

キャンプ:1泊(午前10時〜翌日13時まで) 500円

受付を済ませてテント設営したらご飯を買いにいきます!

今回はちょっと思いつきで手持ちのブルーシートを使って前室を拡張できないかなとチャレンジ

ポールがないから難しいけど、木とカメラの三脚を使ってなんとか完成

広い前室があるかないかでかなり快適さが変わります!

この日の夜ご飯はちょっと試してみたかった

  • もやしのラー油炒め
  • メスティンで作る蒸しジャガイモ

流石にもやし単体だと味気なかったので、追加で何か入れるといいですね(笑)

ジャガイモの方が他の旅人から節約料理ということで教えてもらいましたが、味付けが塩のみだったからこれを変えていくといいかもしれない。

 

夜は雨が降ったり止んだりで明日の撤収が手間とりそう…

明日はエストレヤの修理パーツが佐川の方に届いているので取りに向かいます。

これでやっとエストレヤが直る!!

 


〈次の日〉

あわせて読みたい
【日本1周】Day54:日本1周の中でも最高の景色に出会えた安曇野 はいさい!ぐすーよーちゅーがなびら! 昨日は移動がメインになってしまって天気も悪かったこともあってあまり観光もできなかったので、観光しつつエストレヤの修理パー...

〈前の日〉

あわせて読みたい
【日本1周】Day52:群馬のライダーズカフェ「BigBlur」へ はいさい!ぐすーよーちゅーがなびら! 予定になかった山の上のキャンプ場で連泊することになって、ご飯を用意してなくて流石にこれ以上はきついので無理矢理にでも下山...

 

使用テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる