※SWELLへテーマ移行につき調整中※

バイクでキャプツーリングに行く時オススメのテーブルとチェアはこれ!

初めてのキャンプでテント以外に必要な
テーブルやチェアってどれを持っていったほうがいいのか。

有名なメーカーだと2万円以上もするけど
やっぱり高いものがいいの?

できればもっと手頃なもので欲しいけど
誰かオススメのテーブルとチェアを教えて欲しい!

という方に向けて記事を書いています。

この記事でわかること
  • テーブルとチェアの選ぶ時の条件
  • 最初にオススメのテーブルとチェア

キャンプツーリングであると便利なアイテム「チェア」と「テーブル」

有名なメーカーだとチェア一つで2万円はするので

これからキャンプ始める人からすると購入はハードルが高いですよね・・・。

ソロキャンプはテーブルとチェアがなくてもテントの中に座って地面にバーナーを置けばできないことないけど

テーブルとチェアがあることでキャンプの快適度がグッと増します。

この記事ではこれからキャンプツーリングを始めたい・始めるために準備してるあなたに向けて

バイクでキャンプツーリングに行く時オススメのテーブルとチェア」について解説します。

あなたのテーブルとチェア選びの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人
  • 2019.05~2020.12 日本一周約20,000km完走
  • バイクで行くソロキャンプ・ツーリングが好き
  • 整備は「とりあえず調べて挑戦してみる」スタイル

日本一周の経験をもとにバイクで行くソロキャンプやバイク旅、整備について発信しています。

目次

最初に選ぶテーブルとチェアの条件

キャンプに使うテーブルやチェアはサイズや材質いろいろなものがありますが

ソロキャンプで使うのであれば

  • テーブルは折り畳み式でコンパクトなもの
  • チェアはメッシュ生地などを使用した軽量なもの

を中心に選んでいくといいでしょう。

木材や鉄でできたテーブルやチェアなどは頑丈ですが

バイクや自転車などで行くキャンプツーリングにおいて

どうしても”重さ”と”収納サイズ”がネックになってくるのでオススメはしません

かきぴー

鉄製のテーブルは無骨で
ソロキャンプに映えそうで欲しいけど
重たくコンパクトにならないので
なかなか買えないんですよね・・・。

テーブルを選ぶなら”高さ30cm”

アルミテーブルでは低いコンパクトなローテーブルが人気ですが

もしあなたがチェアと一緒に使いたいと考えているなら「高さ30cm」の少し高めのテーブルをオススメします。

この高さなら、チェアに座った時ちょうどいい高さにテーブルがくるので

飲み物や食べ物へのアクセスがとても楽になります。

テーブルを2つ持っていくなら
ローテーブルはクーラーボックスや小物置き用
ハイテーブルで調理したりご飯食べたりなど
用途によって使い分けることもできます。

チェアは頭までカバーする”ハイバック”

キャンプに持っていくアウトドアチェアは背もたれが”短いタイプ”と”頭まである”長いタイプ”が

ありますが、どちらも使ってみた経験から長いタイプ(ハイバック)がオススメ

背もたれが短いタイプはコンパクトで持ち運びには便利だけど、長時間座るとなると

首への負担が大きく、人によっては疲れてしまうこともあります。

ハイバックなら後ろにもたれた時しっかしチェア本体が頭を支えてくれるので体全体がリラックスでき快適に過ごせます!

ハイバックタイプのチェアは背もたれが長くなっている分
どうしてもポールが長くなったりしてチェア全体の重量が増えてしまいます。

迷った時のオススメのテーブルとチェア

アルミテーブル(高さ30cm)

高さが30cmほどあるアルミテーブルは価格が安いものでも十分に使えます。

ここで紹介しているテーブルは僕が日本一周でもずっと使っているもの(色違い)で

価格も2,000円以下とかなり手頃なので最初の一つにぴったりです。

シルバーの方は汚れや傷などが目立ってしまうので、これから購入するなら

板部分が黒くなっているものの方が汚れなど目立ちにくいのでオススメですよ!

ハイバックチェア

いわゆる”パチノックス”と言われるものですが、キャンプで使う分には十分な耐久性があり、

耐荷重も150kgと十分なので大抵の人であれば問題なく座れます。

ただヘリノックスの同じハイバックチェアが本体重量約1.3kgに対して

こちらは約2.2kgと倍の重量なので、自転車や徒歩だと持ち運びがちょっと億劫になるかもしれません。

(バイクであれば問題なく持ち運べます)

僕は以前3,000円くらいのショートタイプのチェアを使っていましたが一年半くらいは使えたので

最初は安いチェアで試してみて、気に入ったらヘリノックスを試してみるのもありだと思います。

まとめ

この記事のまとめ
  • チェアは「ハイバックタイプ」がオススメ
  • テーブルは「高さ30cm」の方がチェアと相性がいい
  • チェアとテーブルはキャンプを快適にするアイテムなので
  • 揃えておくことをオススメ

テーブルとチェアはソロキャンプでは「絶対に必要というわけじゃないけど、あると快適に過ごせるアイテム

なので、これからソロキャンプツーリングを始めるなら是非とも揃えておくことをオススメします。

変わりもののチェアにはロッキングチェア吊り下げタイプなどもあるので

より快適さを求めるならそういったチェアもチェックしてみてください。

それでは快適なキャンプライフを!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる