※SWELLへテーマ移行につき調整中※

【日本1周】Day23~24:世界分解遺産で国宝の「姫路城」ー別名 白鷺城ー

目次

23日目岡山から兵庫へ移動

この日はインスタで知り合った京都の方が兵庫にツーリングしに来ているということで
ちょうど自分の兵庫入りしていたこともあり、会うことになりました!

最初は自分が泊まる無料のキャンプ場で会おうということだったんですが、
日曜ということもあり、なかなか決まらず結局有料のキャンプ場に泊まるになりそこで会うことに。

相手側は泊まらないのにデイキャプ代がかかってしまって本当に申し訳なかったです。

 


京都のライダーさんが乗ってるSUZUKIのV-strom650とツーショット

このライダーさんとは2年前くらいに自分がレンタルバイクでV-strom650乗って京都をツーリングしていた時に偶然道の駅ですれ違っただけで、その後インスタで繋がったのがきっかけで知り合いました。


今回初めてちゃんとお会いしたんですけど、本当ネットの普及ってすごいなと感じる瞬間!

住んでる場所も違って歳も親と息子ほど離れていて、接点もあのすれ違った一瞬だけなのに
こうしてまた再会できるんですからね。
上手に使えばSNSはいいものです!

 

この日泊まったキャンプ場は

「しあわせの村」というテントキャンプサイトです。


お値段1,100円と若干高いものの

  • 常設テントを使える
  • ゴミも捨てれる
  • 敷地内に温泉がある

という便利なキャンプ場でした。

 


⬆︎これが常設テントなんですけど、大人4〜5人ほど寝られそうな広さです


注意点としてはこの時期(6月)は毛虫が増えてくるので
日中はとくに注意していないと、テントに張り付いてたりします。

 

24日目世界遺産「姫路城」観光とライダーにはオススメしないキャンプ場

広いテントが快適だったこともあって、寝坊しました(笑)
10時までにチェックアウトしないといけないのに起きたのは…

 

9時56分!?!?!

 

朝方ちょくちょく起きてはいたものの二度寝してしまって
盛大に寝坊をやらかしてしまうという……


荷物をすぐにまとめてそっこーで出てお風呂へ行きました
(しあわせの村のお風呂は内装がどこか南国みたいで面白い)

お風呂内で地元のおじさんに野球について話かけられたんですが、
僕はスポーツ全般全く詳しくないので相槌だけでなんとか乗り切ります(笑)

コミュ障にはこういうのが大変…。

 

日本1周23日目は昨日見に行けなかった「姫路城」へ
もしバイクや自転車で訪れるならすぐ近くに大手前公園地下駐車場をおススメします

 


姫路城といえば白鷺(シラサギ)が羽を広げたような優美な姿に見えることから
「白鷺城」と呼ばれるお城
入場料は大人1人1000円とちょっと高めですが、せっかく訪れた記念なので
おしまず払って入場します!



姫路城を回る時は手元のスマホに専用のアプリをいれておくとかくスポットで
映像付きの説明を見ることができます

一通り姫路城を見回って満喫したあとは日本三奇の一つ「生石(おうしこ)神社」へ
向かいます。


一応鳥居のところは車が通れますが、参拝者用の駐車場はすぐ隣にある砂地になります

鳥居を上っていき、本殿が見えるのでちょうど本殿の真ん中を通ると
参拝料として100円(だったかな?)を箱に入れて進むとすぐ目の前に
御神体の巨大な岩が現れます

 

 


これが「浮石」と呼ばれる石でまるで浮いているように見えます

 


実際に浮いてるわけではなく、図のようになってるのでそう見えるだけみたいです
この岩が何のために、いつ、誰が作ったかは不明のようで謎の多い石です。

 

生石神社を見て終わったあたりでいい時間になったので
買い出しをしてキャンプ場へ向かいますが、
ちょうど買い出しをしていると「両親が沖縄だよ〜」と男性から声をかけられ
見せられたネームプレートには「運天」と書かれていていました。


久々の沖縄苗字にちょっと和んだのと少しだけ沖縄が恋しくなりました(笑)

しばらく話し込んでいると、突然財布を取り出して2,000円を自分へ渡してきたんです
さすがに額が額なので驚きましたがありがたく頂いて、しっかりと美味しいごはんを
食べようと思います。

日本一周中何度かこういうお金を頂く機会がありますが、正直僕は「自分の好きなこと・したいと思ったこと」をしているだけで、周りに何か有益な価値を提供しているわけではないのでものすごく申しわない気持ちでいっぱいでした。

旅中こればかりは慣れず、最初は断りますが相手がそれでもという場合のみ頂いてました。

そこで自分なりに受け取る際の心持ちを決めます。

ポイント

相手の善意に感謝しつつ、旅を終えたら今度は自分が旅人を応援する側に回ってこの恩を返していく

というもの。
応援してくれる人はいろんな人がいます。

声かけてくれた人、応援してくれた人、助けてくれた人に感謝の気持ちは忘れないようにしていきたいです。

高校の頃の世界史の先生にそっくりで最初びっくりしました(笑)

 

キャンプ場は古法華自然公園キャンプ場
この漢字がずっと読めんかったのですが、買い出しのときに声かけいただいた男性が
「ふるぼっけ」と呼んでいてそこで分かりました

ネットで調べた情報だと中まで車両を入れられたはずなんですが、
実際に行ってみると鎖で封鎖して、さらにいたるところに張り紙で対策されてました
(マナー関係で問題があった可能性がありますね)

こうなってしまうと駐車場からサイトまで徒歩5分ほどかかるのできついです

 

トレイを利用するときは真ん中のバリアフリーのところを使う方がいいです。

  • 駐車場からサイトが遠い
  • ネット環境が悪い

以外には特に問題ない綺麗なところでした!

一応建物もありましたが、鍵がかかっていたので使うことはできなかったです。

 

明日は回りたいところが多い京都に向かいます!


〈次の日〉

あわせて読みたい
【日本1周】Day25~26:京都でオススメのライハ「ボーダー」 【25日目:京都へ向かいます】 この日は京都へ移動するために いつもよりちょっと早起きして撤収して余裕を持って 移動する予定だったんですが.... 曇り+無風というこ...

〈前の日〉

あわせて読みたい
【日本1周】Day21~22:日本ではそうそうお目にかかれないランクル200とトレーラー つい最近鹿児島が梅雨入りしましたが、 とうとう本州の方も梅雨入りしたようです 梅雨が明けるまでは天気もさらに不安定になってテント泊が難しくなったり、 停滞するこ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大学卒業後2年の準備期間を経て「バイクで日本一周品が47都道府県制覇の旅」へ出発。
当初3ヶ月の予定がバイクの故障や季節、コロナの関係で1年半になってしまうも無事約20,000kmを走破。
日本一周の経験をもとに「バイク×アウトドア」について役たつ情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる